※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 加賀の小塩の浦というところに谷口ジローが作画したような風体の長者が住んでいて、「塩の長司」と呼ばれておりました。
 この長司先生、昔の日本人には珍しく肉食を愛する孤独のグルメで、死んだ馬の肉から自家製塩漬け・自家製味噌漬けを作っては食べていたそうです。

 しかしある晩の夕餉。食卓には大好物の馬肉が並んでいませんでした。もぐもぐ。早く馬肉こないかなあ。白めしといった馬の肉だろうが。みたいなことを独りごちながら孤独に白めしを食べつつずっと待っていたのだけれども、いつまでたっても馬肉が出てこない。もう長司先生も頭に来ちゃって下女にアームロックをかけながら詰問したところ、下女は泣きながら「もう馬肉が切れてしまいました」なんてことを言う。
「がーんだな……出鼻をくじかれた」
 しかしここで諦めないのが孤独のグルメ。長司先生はすりこぎ棒を片手に厩に駆け込み、役に立たない老馬を発見。「うん、これこれ!」そう呟くとためらうことなく老馬を撲殺し、その肉をぺろりと平らげたのでした。

 その晩、長司先生は恨めしげな老馬に喉笛を噛み破られるという悪夢にさいなまれました。以来、馬を殺した時間帯になると老馬の霊が出現して彼の口の中にするすると入っていき、体内で滅茶苦茶に動きまわり駆けまわり暴れまくるという馬憑き現象が毎日六時間も続くようになりました。そして百日後、長司先生は「うおォン 俺はまるで人間栗東トレーニングセンターだ」などと意味不明の言葉をのこし、重荷を背負った駄馬のような姿勢でくたばってしまったのだそうです。恐ろしい話ではありませんか。

 というか僕、妖怪図鑑とか妖怪事典を読み始めた小学校二年生くらいの時からずっと思ってたんだけど、こいつと「寝肥」は妖怪じゃないですよね。水木先生の『図説日本妖怪大全』なんかでも「蛇骨婆」と「シズカモチ」の間に「塩の長司」がしれっと挟まっていたりするけど、こいつはただの悪食グルメが高じて狂い死にした長者どんであり、彼のことを妖怪事典で紹介するのは、怪獣図鑑に「巨大フジ隊員」を載せるくらい失礼なことですよね。
 でもまあ、そうは言いつつ僕もここで紹介しちゃうわけなんですが。








  • その昔、Oh! 水木展で販売された「妖怪道五十三次」の「池鯉鮒」で、この「塩の長治」と「馬憑き」が似たもの同士の夢の競演を果たしていました。 - 名無しさん 2011-03-22 22:47:00
名前: