1977年4月25日、ニュージーランド沖のクライスト・チャーチ諸島付近でトロール船「瑞洋丸」の網にかかった体長約10メートルの異様な生物の不乱死体のことをさす。収容能力の欠如、異様なまでの腐臭といった事情から死体は遺棄され、数本の繊維状の器官のみが日本に持ち帰られた。
 持ち帰られた組織の化学解析の結果、ウバザメの軟部組織が腐敗して剝脱し首長竜に似た形状になったのでは、という推論が得られた。

 昭和のUMAっ子にもっともインパクトを与えた写真の一枚がこのニューネッシー写真だと思うんですがいかがでしょうか。だってどう見ても首長竜の死体だもの! この写真を見て興奮しなかったら嘘ですよ。しかも興奮させるだけさせといて、しかも「New」の名前を冠しているくせして登場時には既に死んでいるという荒技を披露。日本でブームに火がついたときには既に死んでいたブルース・リーみたいなやつです。かっけー。
 まあ正体はウバザメと言われていますが、そんなちょろい説明では納得しきれないサムシングをこの写真は具有していますよね。Don't think, fell!








名前: