※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ガジュマルなどの古木の精霊であり、沖縄を代表する赤毛の妖怪。水木先生によるイッちゃってる目つきのキャラデザ(http://www.top-page.jp/site/page/mizuki/complete_works/list/ka004/)でもおなじみですね。あー、もう完全にキマっちゃってますよこれ。中島らもなみですよこれ。
 主に子どもの姿をとり、髪が赤いだけでなく「体が赤い」「顔が赤い」「きんたまがでかい」などともいわれます。属性は火のエレメントで、旧暦8月10日に出る正体不明の怪火はキジムナー火と呼ばれています。

 イッちゃった目で夜な夜な徘徊を繰り返しては通行人に絡んできんたまを揺らすという中島らもみたいなライフスタイルのキジムナー氏、常時キマっているせいか非常に人なつっこい性格です。
 むかしむかし、漁師の爺が浜辺でたたずんでいると、赤い髪の子どもがやってきて友だちになってくれとせがむ。爺は「お前のような海んちゅのものとも山んちゅのものともつかないような者とは付き合えないさー」などと言って断るのだが、赤毛は聞く耳も持たず友だち承認リクエストをがんがん飛ばしてくる。押しに弱い爺はキジムナーと友だちになり、精神年齢が近かったせいか意気投合しちゃったりなんかして、そのうち仲良く一緒に漁に出かけたりするようになります。キジムナーはたいそう働き者のうえ魚の片目しか食べない偏食児童なので、あとはまるまる爺の取り分。爺はたちまち財をなし、ヘーベルハウスで三階建ての御殿を建て、やがて貧しかった頃の清貧な心をうしない、「パンがないならサーターアンダーギーを食べればいいさー」みたいなノリの驕慢な人間になってしまいます。だもんで純粋な存在である精霊と心が通うこともなくなり、アン・シャーリーばりにウザい赤毛のキジムナーに対して疎ましさばかりがつのるのでありました。

「あたし、魚の目玉って大好きよ。あんたは? ほかのどの部分より倍もおいしい味がするわ。ああ、特に左目が最高だわ! そう思わない、爺?」

「そうさのう」

「おお、なんてすてきなの! きょうの夕方はまるで紫の夢みたいじゃない、爺?」

「言葉の意味はわからんが、とにかくすごいそうさのう……ところでお前、なにか怖いものはあるかい?」

「まあ、怖いものですって、マシュウ? そうね、あたし蛸が怖いわ」

「蛸」

「あとはそうね、屁がこわいわ。臭い屁がこわいわ」

「屁」

「他にもあるのよ。ああ神さま、どうかお願いです。鍋蓋だけは、熱い鍋蓋だけは私に近づけないでください。きゃーっ、神さま!もう一つお願いがございます。夜明けの鶏も! あのぞっとする啼き声を私から遠ざけておいてくださいまし、お助け下さい! 私の出来る限りのことはいたしますから、今すぐに!」

みたいなかんじで、ダークサイドに堕ちた爺は赤毛のキジムナーの弱点を次々と聞き出したのち、御殿の門におもむろに生きたタコを打ち付けました。さらに自身はニワトリに仮装してヘーベルハウスの屋根の上に立ち、コケコッコーと高らかに啼くのでした。知らない人からみたら、どこからどう見ても全方位的に狂人ですよね。でーじ超ヤバイですよね。爺の評判はもはや地に堕ち、そしてそのあまりに露骨な悪意は胡乱なキジムナーにも容易に伝わり、爺はキジムナーの呪いをうけて数日寝込んだのちコロリと死んでしまったのだとか。でーじ超ヤバイ!

名前: