ページ一覧

アクセス上位100

アクセス上位50↓


10 - 32 - -

更新履歴

取得中です。

2009衆院選

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




公示前の感触


やっと選挙モードになったところで、ボチボチ情勢分析でもやってみるかなあと思ったんだが、・・・色々考えてもなかなか難しい・・・。

民主党が衆議院単独過半数を取るかどうかはまだ不透明なものの、民主党中心の連立政権が出来る可能性はかなり高くなっている。福井は前回の参院選でも自民党を勝たせた天然記念物的なお土地柄ではあるものの、それは新幹線問題に絡んだ「政権党」への投票という要素も大きかったはず。

今までの常識で普通に考えれば、1区はともかく2区と3区は自民候補が勝つ筈なんだけど、それは自民が政権与党であるという前提があっての話。政権交代必至という世間の空気に加え、新幹線は敦賀どころか福井までも認可されていないという現実を前に、今回どの程度の票が動くのかチョット良くわからない。

そして何より投票日までまだまだ時間があって、思いがけない事件や問題が起こる可能性も・・・。というわけで、今回は現段階の個人的な気分を独断と偏見を交えて書いてみた。面倒だから敬称略で。

福井1区


1区だし、民主に追い風吹いてるし、社会常識に照らして普通に考えれば笹木。しかし、安心して笹木優勢と言い切れないあたりが笹木クオリティ。

ここは前回は稲田、笹木、松宮の三つ巴で、しかも自民分裂状態だったあたりが、さらに状況判断をややこしくさせている。普通に考えれば松宮票の多くは笹木に行くはずなのだが、稲田は小泉チルドレンとして当選したものの、実際にはタカ派の保守という印象が強く、なんで清和会にいるのかよく分からない。いまの自民党が保守政党なんてチャンチャラおかしい話なのだが、稲田と笹木それぞれを見ると、保守色が強いのは稲田。そのあたりが多少でも影響するようなしないような。

それに笹木には松下政経塾出身というウィークポイントがある。松下政経塾出身なんて、福井ではあけぼの学院出身と同程度の意味しかないと思うんだけど、どうも本人はそうは思っていないみたいでつまらないことで理屈っぽいし、言い争いに勝てば票が降ってくると勘違いしてる気がする。

と思いきや、前回、座・タイムリーふくい(20081004) のテレビで見た感じ、稲田の印象も相当悪かった。弁護士出身の悪い癖というか、相手の言葉尻やちょっとした矛盾を捕まえてネチネチやるあたり、傍で見ていても気分が悪くなった。

結果、どっちもどっちという事なんだが、まあ小選挙区制は候補者ではなく政党を選ぶのが原則だと思うので、どっちもどっちという事になると、やっぱ今回は笹木かなあ。

福井2区


2区だし、麻生降ろしでテレビにも出たし、知名度から普通に考えれば山本。しかし、安心して山本優勢と言い切れないあたりが山拓クオリティ。

糸川は知名度が劣るとは言うものの、国民新党での国会対策や委員会質問などで、テレビにも頻繁に登場していて、多少ニュースを見る人なら何となく顔は知ってるって人は多いと思う。俺は1区住民なので直接は関係ないのだが、当選を重ねれば大臣の声がかかりそうな雰囲気がなくもないし、ここは2区住民には冷静な判断を下して欲しい。小選挙区で勝たせるかどうかは別にしても、比例復活も出来ないような票差をつけてしまっては、元も子もない。

まあ個人的にはもう山拓は見たくないので糸川圧勝を希望するのだが、山拓が落選してしまうことには別の問題もある。糸川が当選し比例でも復活できなかった山拓が、次回の県知事選に再チャレンジを思い立ってしまい、まあ西川再選だろと高をくくっていた県民の空気を無視して西川知事がギリギリで不出馬を表明し、そのまま何かの間違いで山拓が県知事になってしまうリスクだ。そうなったら福井県はいよいよヤバイ。そのあたりのリスクについては民主も自民も関係なく、チャンと考えておいて欲しい。

福井3区


3区だし、前回選挙で筋を通した実績もあるし、追い風と合わせて普通に考えれば松宮。ここは、安心して松宮優勢と言い切れるあたりが高木クオリティ。

下品なりに一応目立ってる山拓に比べ、高木に関しては全く議員としての活動を見たことが無い。テレビに出ない=議員としての仕事をしていないなどと短絡的に考えるつもりはないが、それにしても何をやってるのか全然わからない。新聞とかの候補者紹介みたいなのを見ても、与党であり政権を持ってること自体がアピールポイントで、それ以上でも以下でもない感じ。

今までは政権与党議員という存在意義があったわけだが、今回はその足場がもう歯周病末期状態というくらいにグラついている上に、父親が元敦賀市長というセールスポイントも世襲批判の前に逆効果となるだろう。稲田、笹木、山拓、糸川、松宮とみんな与野党どっちに転んでも当選すればそれなりに頑張りそうなイメージだけど、高木だけは野党議員としては全く使い道が無さそう。

北陸政界的には敦賀市長選に色気という話もあるらしいが、・・・まあそれは敦賀市民が決める事なのでご自由に。

(以上090811)


開票にあたって


なんか色々考えたけど、今回は接戦過ぎてよく分からない。まあ全国的には民主が勝ちそうなんで、理想的な展開としては。。。

福井の3選挙区とも民主完勝。ただし接戦により落選した自民系3人とも比例復活。おまけに民主党大勝により比例単独の若泉氏まで当選。結果、人口たった80万人の弱小県から代議士7名が国会に!

って感じだと良いんじゃないの?こんな結果も運がよければ可能だろう。

まあ与党だろうが野党だろうが地元議員が多いに越したことないし、どうせ今、与党だ野党と言っても1,2年経てばどうなってるか分からないしね。
(以上090830)



参考


 -衆院選データ














|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|