ページ一覧

アクセス上位100

アクセス上位50↓


10 - 32 - -

更新履歴

取得中です。

座・タイムリーふくい(20090328)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



定点観測


観測対象

テーマ

  • 「中部縦貫自動車道・全線開通のためにこの視点を!」
中部縦貫自動車道の大野東ICから和泉IC間14㎞の整備計画が決定した。県内からは歓迎の声が上がっているが全線開通のめどは立っていない。一方、昨年7月に全線開通した富山と名古屋を結ぶ東海北陸自動車道は想定を大きく上回る成果を上げている。国直轄の中部縦貫自動車道の全線開通に向けてどんな視点を持って働きかけて行くべきか議論する。

司会
  • 松枝隆一(福井テレビアナウンサー)
  • 名越涼子(福井テレビアナウンサー)
ゲスト
  • 大野商工会議所 会頭 黒原孝雄
  • 福井県観光連盟 プロデューサー 酒井仁志
  • 金沢工業大学 産学連携室コーディネーター 小松俊昭


観測結果


地元政治家の発言とかを聞いてると、中部縦貫自動車道って、北陸新幹線と並ぶ大きな目標みたいなんだけど、北陸新幹線に比べるといったい何なのかよく分かりにくい。このサイトでも中部縦貫自動車道でトピックを作ろうかと思ったこともあるけど、どうもメリットやデメリットが整理できなくて断念したことがある。ちなみに福井県のHPとWikipediaを見てみると・・・。

中部縦貫自動車道(福井県のHP)
http://www.pref.fukui.jp/doc/koukikaku/tyubu/tyubugaiyou.html

中部縦貫自動車道(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%83%A8%E7%B8%A6%E8%B2%AB%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E9%81%93

福井県のHPとWikipediaでこの程度なんだから、一般県民の理解を得られていないのは仕方ないか。福井県のHPを見る限り、実際にはやる気はあるのかもしれないけど、それを一般県民に理解して欲しいとは全然思っていないという感じが伝わってくる。

そんな訳で、俺としては飛騨高山や松本にそんな急いでいく必要があるのか疑問だったし、大野から名古屋が近くなるってだけでは、メリットが小さすぎると思ってたので、番組の中で福井~東京間が1時間短縮されるという分かりやすいメリットが示された点は良かった。

が、それにしても建設推進の立場からの効果の主張なんで、どこまで信用していいのは良く分からないし、何しろ何十年も先の話となるとさすがにピンとこない。つーか、今回みたいな観光客がどうしたみたいな話は、せめて「あと5年で開通!」みたな状態になってからじゃないとイメージがわかない。

まあ、こういうピンとこない計画を、長期的な視野で一般市民が良く分からない間に着々と進めていくのが、本来の政治家の仕事なんだろうけど、そういう力のある政治家はもういなくなったって事なのかなあ。
(以上090329)





関連項目









|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|