※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テレウェイヴリンクス 評判


「セレクト市場」はYahoo!オークションストアで車関係のパーツ販売をしています。取り扱うアイテム数は1,000点を超え、「数を把握しきれないほど」と毛利健介さんは話します。もともと雑貨や自転車部品などの卸しと小売りを行っていた「Global Bridge Trading」が制作代行を務めるテレウェイヴリンクス 評判のYahoo!オークションストアを開店したのは2007年。独自のカラーを打ち出すために、徐々に車関係の部品を強化していったと言います。プライベートでパソコンパーツなどをネット販売していた毛利さんはその経験を買われ、制作代行を務めるテレウェイヴリンクス 評判の新しく立ち上げるYahoo!オークションストアの店長として入社しました。「個人でネット販売を行っていたときにもYahoo! JAPANを利用していました。選んだ理由は、参加人数がほかと比較にならないこと、大手だという安心感があったことです」経験はあったものの、個人のときとは比べものにならないほどのアイテム数を取り扱う制作代行を務めるテレウェイヴリンクス 評判のYahoo!オークションストアの立ち上げ。やはり苦労もあったと言います。毛利さんがまず行わなくてはならなかったのは、業務のマニュアル化でした。お客様との取り引きが増えれば増えるほど煩雑になる伝票作業や入金確認などの業務。これを少人数で対応できるように、立ち上げ時にマニュアル化を徹底したそうです。伝票発行ソフトなどを利用して手書き部分をなるべく減らし、データを整理。「マニュアル化が終わったら、今度はその取り扱いをスタッフに覚えてもらうという作業が必要です。作業に慣れてもらうためには大体1か月くらいかかりました」現在ではメールの管理担当者が1名。入金確認の担当者が1名。こん包作業などを5名程度で行っているそうです。「事業として確立させるためにはスタッフとの連帯が不可欠です。協力しあって運営することができたと思っています」アイテム数が多くなることを見越しての初期の段階でのマニュアル化が、その後のストア運営、そして売り上げに大きく役立ったと言えそうです。ネット販売を利用する際に一番お客様が気にするのは、取り引きの迅速(じんそく)さと正確さ。お客様からの信頼を得るためにも、作業のマニュアル化は不可欠でした。「もともと、ネットやパソコンなどが好きなので今の仕事は気に入っています。前職はプログラマーだったため、決まっている仕事を期日までに仕上げることが比較的多い仕事でした。今は新商品を見つけることや、業務を効率化することなど、仕事を自分で決める感じです」仕事を自発的に決めて動くようになった、と毛利さんは言います。お客様の多くは、20代から30代の男性。比較的ターゲットが絞りやすい商品ではありますが、それでもより多くのお客様の要望に応えるため、「どの車にも使える商品」と「車種ごとの専用商品」をバランスよく販売するようにしていると言います。「セレクト市場」での一番の強みは、工場から直輸入のルートを持っていること。直で仕入れることで安く、また早く販売できます。「まだ市場に出回っていない商品を提供できることが強みです。さらに弊社から工場に『こんな商品はどうですか?』と提案することもあります」制作代行を務めるテレウェイヴリンクス 評判のYahoo!オークションストアの運営を通して、お客様のニーズを把握しているからこそできることです。「こちらが提案してできあがった商品がストアで売れると、やっぱり嬉しいですね」と毛利さん。お客様からも、「新しい商品を楽しみにしています」、「いろいろな商品を見られるので面白いです」という声が多くあがるのだそう。「商品ができたらすぐにお店に出るというスピード感を大切にしていきたいですね」
|