中国のミステリ雑誌『歳月・推理』 公式サイト各号へのリンク集

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2010年4月19日
(最終更新日:2011年6月8日)

中国のミステリ雑誌『歳月・推理』公式サイトの、各号の内容紹介ページへのリンク。
『歳月・推理』は、B5サイズで各号150ページ前後。

中国の書籍が買える日本のネット書店「書虫」では、送料手数料込みで1冊800円ほどで買えます。(前に1冊購入しました)
ミステリ読者で、大学その他で中国語を勉強している・したことがあるという方は、購入してみてはいかがでしょう。
(ネット書店「書虫」を通じての年間購読料は8760円だそうです(2009年9月問い合わせ))


※日本と同じく、数字は1ヶ月ずれます。たとえば、2010年5号=2010年4月発売、となっています。

2008年

2008年9号より、値段が2元高くなってリニューアル。リニューアル号は島田荘司特集号。表紙は2008年11号より刷新して現在の雰囲気に。
(2008年9号以前のもののリンクは略)

2008年9号
島田荘司インタビュー(上)
杜撰「悲剧的稻草人」(悲劇的稲草人)
台湾作品: 林斯諺「雾影庄杀人事件」(霧影荘殺人事件)

2008年10号
島田荘司インタビュー(下)
御手洗熊猫「世俗边缘的歌者」(世俗辺縁的歌者)

2008年11号
台湾作品: 凌徹「幽灵交叉点」(幽霊交叉点) 
(日本では東京創元社『ミステリーズ!』Vol.29(2008年6月)に掲載された)

2008年12号
台湾作品: 藍霄「你不乖」

2009年

2009年1号
水天一色「丑小鹅」(丑小鵝)、杜撰「消失在二十六楼的男人」
台湾作品: 林斯諺「看不见的密室」(看不見的密室)

2009年2号
台湾作品: 藍霄「自杀的尸体」(自殺的屍体)
推理の旅 第4回: 神戸/日本の探偵小説発祥の地

2009年3号
杜撰「饕餮兽」(饕餮獣)
台湾作品: 林斯諺「羽球场的亡灵」(羽球場的亡霊)
推理の旅 第5回: 大阪/江戸川乱歩




2009年7号
御手洗熊猫「二律背反的诅咒」(二律背反的詛呪)
甲賀三郎「血液型殺人事件」


2009年9号
水天一色「我这样的人」、御手洗熊猫「玫瑰与十三个谜」(玫瑰与十三個謎)

2009年10号
御手洗熊猫「雪地怪圈」(雪地怪圏)

2009年11号
水天一色「输给爱情」(輸給愛情)
天蝎小猪氏による日本のミステリ雑誌紹介

2009年12号
台湾作品: 寵物先生「犯罪红线」(犯罪紅線)、既晴「考前计划」(考前計劃)

2010年


2010年2号
台湾作品: 林斯諺「影子的恋情」

2010年3号
杜撰「红衣鬼」(紅衣鬼)
寵物先生による鮎川哲也賞受賞パーティー訪問記
水天一色『蝶の夢』日本刊行記念インタビュー (→公式サイト上でも読める http://mysteryworld.cn/shownews.asp?news_id=304

2010年4号
台湾作品: 寵物先生「名为杀意的观察报告」(名為殺意的観察報告)
天蝎小猪氏による台湾のミステリ作家 既晴 インタビュー

2010年5号
台湾作品: 林斯諺「偷走你的心」
藍霄『天人菊殺人事件』推薦文(中国大陸部で4月刊)


2010年7号
台湾作品:冷言「空家」






2011年








関連記事