東アジアミステリ邦訳一覧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2014年9月3日

※作成中

Index

台湾

  • 藍霄(ランシャウ)
    • 『錯誤配置』 (玉田誠訳、講談社 アジア本格リーグ1、2009年9月)
  • 寵物先生(ミスターペッツ)
    • 『虚擬街頭漂流記(きょぎがいとうひょうりゅうき)』 (玉田誠訳、文藝春秋、2010年4月) - 第1回(2009年)島田荘司推理小説賞受賞作
    • 「彷徨えるマーク・ガッソン」 (玉田誠訳、『ジャーロ』41号、光文社、2011年3月)


  • 林斯諺(りん しげん)
    • 「バドミントンコートの亡霊」 (稲村文吾訳、Kindleダイレクト・パブリッシング、2014年10月)(※電子書籍のみ Amazonリンク)(合本版もあり / 詳細は「こちら」)
  • 寵物先生(ミスターペッツ)
    • 「犯罪の赤い糸」 (稲村文吾訳、Kindleダイレクト・パブリッシング、2014年10月)(※電子書籍のみ Amazonリンク)(合本版もあり / 詳細は「こちら」)

中国

(1)戦前の作品(20世紀)

  • 呂侠(ろきょう)
    • 「白玉環」 (はくぎょくくゎん)(訳者記載なし、『新青年』1930年夏季増刊号[11巻11号]、pp.100-113) ※著者名「武進呂侠」
    • 「絶命血書」 (チュエ ミン シェー シュ)(阿羅本洋訳、『新青年』1935年夏期増刊号[16巻10号]、pp.161-169)
  • 張慶霖(ちょう けいりん)
  • 幸福斎(こうふくさい)
    • 「賭場母女」 (トゥ チャン ムー ヌー)(呂久餘七訳、『新青年』1933年夏季増刊号[14巻10号]、pp.125-138)

 上記4短編のタイトルのルビは『新青年』で振られているものである。

(2)戦後の作品(20世紀)

  • 艾国文(がい こくぶん)、黄偉英(こう いえい)
    • 「人民公社殺人事件」 (『サンデー毎日』1981年6月14日号~7月19日号、全6回)
  • 莫言
    • 『酒国(しゅこく) 特捜検事丁鈎児(ジャック)の冒険』 (藤井省三訳、岩波書店、1996年10月)
  • 張平(ジャンピン)
    • 『凶犯』 (荒岡啓子訳、新風舎文庫、2004年8月)
    • 『十面埋伏(じゅうめんまいふく)』 (上下巻)(荒岡啓子訳、新風舎、2005年11月)

(3)21世紀の作品

  • 水天一色(すいてんいっしき、1981年- )
    • 『蝶の夢 乱神館記』 (大澤理子訳、講談社 アジア本格リーグ4、2009年11月)
  • 海岩
    • 『玉観音(ぎょくかんのん)』 (池澤滋子訳、実業之日本社、2011年10月)

21世紀の短編
  • 畀愚(ビイユ、1970- )
    • 「謀殺」 (新吉楽図[シンジルト]訳、光文社『ジャーロ』7号、2002年春号) 原題「谋杀」、『上海文学』(上海文学雑誌社)2001年7月号(通巻285号)掲載
  • 蘇徳(1981- )
    • 「エマーソンの夜」 (桑島道夫訳、東アジア文学フォーラム日本委員会編『イリーナの帽子 中国現代文学選集』、トランスビュー、2010年11月) 原題「威马逊之夜」

 以上の2作は基本的には「文学」の範疇の作品。
 下記の3作家は本格ミステリ作家。

  • 馬天(ばてん / マーティエン) ※過去の筆名は服部平次(フーブー・ピンツー)
    • 「日本鎧の謎」 (クイーン贋作集『エラリー・クイーンの災難』飯城勇三編、論創社、2012年5月)
  • 御手洗熊猫(みたらい ぱんだ)
    • 「人体博物館殺人事件」 (稲村文吾訳、Kindleダイレクト・パブリッシング、2014年10月)(※電子書籍のみ Amazonリンク)(合本版もあり / 詳細は「こちら」)
  • 水天一色(すいてんいっしき)
    • 「おれみたいな奴が」 (稲村文吾訳、Kindleダイレクト・パブリッシング、2014年10月)(※電子書籍のみ Amazonリンク)(合本版もあり / 詳細は「こちら」)

香港

  • 陳浩基(サイモン・チェン)
    • 『世界を売った男』 (玉田誠訳、文藝春秋、2012年6月)

チベット

  • ジャムヤン・ノルブ
    • 『シャーロック・ホームズの失われた冒険』

 インド生まれのチベット人作家による英語作品。

韓国

(1)戦前デビューの作家

  • 金来成(キム・ネソン、1909-1957) 韓国推理小説の父。「韓国の江戸川乱歩」などと例えられたりもする。
    • 「霧魔」(拙訳、当サイトで2011年9月28日公開)
    • 「深夜の恐怖」(拙訳、当サイトで2012年3月10日公開) … アーサー・コナン・ドイル「まだらの紐」の翻案作品
    • 『金来成探偵小説選』 (論創社 論創ミステリ叢書 第76巻、2014年6月)
      • 1. 短編 「楕円形の鏡」 (初出:『ぷろふいる』1935年3月号 / 『新作探偵小説選集』ぷろふいる社、1936年10月 収録)
      • 2. 短編 「探偵小説家の殺人」 (初出:『ぷろふいる』1935年12月号 / 『幻影城』第5号[1975年6月号]再録)
      • 3. 長編 『思想の薔薇』 (祖田律男訳)
      • 4. 掌編 「綺譚・恋文往来」 (初出:『モダン日本』1935年9月号 / 当サイトで2011年9月16日公開
      • 5. 短編 「恋文綺譚」 (祖田律男訳)
        • 1、2、4は金来成が日本語で書いた作品。3は金来成が日本語で書いた作品だが、日本語原稿が見つかっていないため、本人による韓国語訳版からの「再翻訳」で収録されている。5は4を元に短編化したもの。
        • ほかに金来成が日本語で書いた評論・随筆類「作者の言葉」、「書けるか!」、「探偵小説の本質的要件」、「鐘路の吊鐘」、および韓国語で書いた随筆の翻訳「探偵小説二十年史 第三回」(祖田律男訳)を収録。
    • 『魔人』 (祖田律男訳、論創社 論創海外ミステリ 第127巻、2014年7月)

 『金来成探偵小説選』に随筆「探偵小説二十年史」(全3回で中断)の第3回しか翻訳収録されていないのは、刊行時点で第3回しか確認できていなかったからである。その後、韓国の研究者から第1回の複写を入手することができた。第2回はまだ研究者の間でも見つかっていない。

(2)1970年代デビューの作家

  • 金聖鍾(キム・ソンジョン、1941- ) 韓国推理小説の中興の祖。「韓国の松本清張」などと例えられたりもする。
    • 「帰ってきた死者」 (金容権[キム・ヨングォン]訳、光文社『ジャーロ』4号、2001年夏号)
    • 「失踪」 (『コリアン・ミステリ 韓国推理小説傑作選』バベル・プレス、2002年5月)
    • 「鎌」 (李建志[り・けんじ]訳、『早稲田文学』2002年5月号、27巻3号)
    • 『ソウル 逃亡の果てに』 (祖田律男訳、新風舎文庫、2005年4月)
    • 『最後の証人』 【上下巻】(祖田律男訳、論創社、2009年2月)

 『最後の証人』が代表作。2014年にはフランスでフランス語訳版も刊行された。

(3)それ以降の作家

  • キム・ヨンハ(金英夏、1968- ) 英訳が出ている数少ない韓国作家の1人。
    • キム・ヨンハ 『光の帝国』 (宋美沙[ソン・ミサ]訳、二見書房、2008年12月)
    • 金英夏(キム・ヨンハ) 『阿娘(アラン)はなぜ』 (森本由紀子訳、白帝社、2008年12月)

  • イ・ジョンミョン
    • イ・ジョンミョン 『風の絵師』 (2分冊) (米津篤八訳、早川書房、2009年5-6月)
    • イ・ジョンミョン 『景福宮(キョンボックン)の秘密コード』 【上下巻】(裵淵弘[ベ・ヨンホン]訳、河出書房新社、2011年9月)

  • 朴商延(パク・サンヨン)
    • 『JSA 共同警備区域』 (金重明(キム・ジュンミョン)訳、文春文庫、2001年5月) ※映画の原作小説(映画のノベライズ本ではない)
  • 李垠(イ・ウン)
    • 『美術館の鼠』 (きむふな訳、講談社 アジア本格リーグ3、2009年11月)
  • イ・イナ
    • 『永遠なる帝国』 (武田康二訳、文芸社、2011年12月)
  • 孔枝泳(コン・ジヨン)
    • 『トガニ 幼き瞳の告発』 (蓮池薫訳、新潮社、2012年5月)
  • キム・オンス
    • 『設計者』 (オ・スンヨン訳、クオン、2013年4月)

短編のみ翻訳されている作家

  • 白恷(ペク・ヒュ、1960- )
    • 「精神病を引き起こす脱毛剤」 (韓国推理作家協会訳、『ミステリマガジン』2000年10月号) ※著者名のルビは「ベク・ヒュ」となっている
  • 李源斗(イ・ウォンドゥ、1938- )
    • 「妻を守るために」 (韓国推理作家協会訳、『ミステリマガジン』2000年10月号) ※著者名のルビは「イ・ウォンズ」となっている
  • 金且愛(キム・チャエ)
    • 「わな」 (鄭泰原[チョン・テウォン]訳、光文社『ジャーロ』4号、2001年夏号)
  • ソル・インヒョ(1975- )
    • 「そして誰もいなくなった」 (米津篤八訳、『ハヤカワミステリマガジン』2009年1月号)
  • ソン・シウ(1979- )
    • 「親友」 (米津篤八訳、『ハヤカワミステリマガジン』2012年2月号) … 季刊ミステリ新人賞受賞作(『季刊ミステリ』2008年冬号掲載)


関連ページ