ポーランドのミステリ評論家が選んだ最重要ミステリ100


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2014年8月28日

 ポーランドで2007年に刊行された『Krwawa setka. 100 najważniejszych powieści kryminalnych』(ブラッディー・ハンドレッド: 最重要ミステリ100選)(ポーランド語版Wikipedia)で選ばれている100作品の一覧。選者はポーランドのミステリ研究家・評論家であるヴォイチェフ・ブルシュタ(Wojciech Burszta, 1957- , ポーランド語版Wikipedia)と、ミステリ研究家でミステリの創作も手掛けるマリウシュ・チュバイ(Mariusz Czubaj, 1969- , ポーランド語版Wikipedia)の2人。100冊一覧の情報源は「こちら」。 

 6つのカテゴリに分けて選出されているが、書籍の現物をもっているわけでもなく、またポーランド語が読めるわけでもないので、どのような区分けなのか正確には分からない。「(4)Najgorsi z najlepszych」は「ワースト・オブ・ザ・ベスト」という意味のようだが、「作家自体はお勧めだがこの作品はあまり勧めない」というような意味合いで取り上げられているのだろうか?

 ポーランド語版Wikipediaのこの書籍の記事では、似たような試みとして英国推理作家協会(CWA)のベスト100、アメリカ探偵作家クラブ(MWA)のベスト100と並んで、日本の『東西ミステリーベスト100』にも言及があって驚く。


Index

最重要ミステリ100選(ヴォイチェフ・ブルシュタ、マリウシュ・チュバイ選)

  • 100作品中、日本語で読めるのは82作品、邦訳がないのは18作品。(邦訳のない作品には背景色[茶色]をつけた)
  • 100作品中、英語圏の作品が75作品、ポーランドの作品が2作品、それ以外が23作品。
(1)ジャンル確立の父たちと1人の母 (Ojcowie założyciele i jedna matka)
1 エドガー・アラン・ポー 群衆の人 Człowiek tłumu
2 チャールズ・ディケンズ エドウィン・ドルードの謎 Tajemnica Edwina Drooda
3 コナン・ドイル オレンジの種五つ Pięć pestek pomarańczy
4 G・K・チェスタトン ブラウン神父シリーズ Przygody księdza Browna
5 アガサ・クリスティー 書斎の死体 Noc w bibliotece
(2)アスファルト・ジャングル (Asfaltowa dżungla)
6 ダシール・ハメット マルタの鷹 Sokół maltański
7 ジェイムズ・M・ケイン 郵便配達は二度ベルを鳴らす Listonosz zawsze dzwoni dwa razy
8 コーネル・ウールリッチ 黒衣の花嫁 Panna młoda w żałobie
9 E・S・ガードナー 殴られたブロンド Sprawa blondynki z podbitym okiem
10 米 / 英 レイモンド・チャンドラー 長いお別れ Długie pożegnanie
11 レックス・スタウト 原題 Plot It Yourself / Murder in Style Układanka
12 ロス・マクドナルド ブルー・ハンマー Błękitny młoteczek
13 ジェイムズ・リー・バーク ブラック・チェリー・ブルース Wiśniowy blues
14 ウォルター・モズリイ ブルー・ドレスの女 Śmierć w błękitnej sukience
15 ジェイムズ・エルロイ ホワイト・ジャズ Biała gorączka
16 ケイレブ・カー エイリアニスト 精神科医 Alienista
17 フランス ジャン=クロード・イゾ 失われた夜の夜 Total Cheops
18 デニス・ルヘイン 闇よ、我が手を取りたまえ Ciemności, weź mnie za rękę
(3)メインストリーム (Głowny nurt)
19 イアン・フレミング 007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale
20 ベルギー ジョルジュ・シムノン メグレと首無し死体 Maigret i trup bez głowy
21 ポーランド ジョー・アレックス Śmierć mówi w moim imieniu
22 パトリシア・ハイスミス ふくろうの叫び Krzyk sowy
23 ハリイ・ケメルマン 金曜日ラビは寝坊した W piątek rabin zaspał
24 フランス セバスチアン・ジャプリゾ シンデレラの罠 Kopciuszek w potrzasku
25 スウェーデン シューヴァル&ヴァールー 笑う警官 Śmiejący się policjant
26 フレデリック・フォーサイス ジャッカルの日 Dzień Szakala
27 ウィリアム・ゴールドマン マラソン・マン Maratończyk
28 ドロシー・ユーナック 捜査線 Śledztwo
29 ケン・フォレット 針の眼 Igła
30 トマス・ハリス レッド・ドラゴン Czerwony smok
31 スコット・トゥロー 推定無罪 Uznany za niewinnego
32 スティーヴン・キング ミザリー Misery
33 スペイン マヌエル・バスケス・モンタルバン 原題 Delantero centro fue asesinado al atardecer Środkowy napastnik zginie o zmierzchu
34 イスラエル シュラミット・ラピッド 原題 מקומון Gazeta lokalna
35 パトリシア・コーンウェル 検屍官 Post mortem
36 デンマーク ペーター・ホゥ スミラの雪の感覚 Smilla w labiryntach śniegu
37 フィリップ・カー 殺人探求 Traktat morderczo – filozoficzny
38 スウェーデン シャスティン・エークマン 白い沈黙 Czarna Woda
39 フィリップ・マーゴリン 黒い薔薇 Nie zapomnisz mnie
40 P・D・ジェイムズ 原罪 Grzech pierworodny
41 ルース・レンデル シミソラ Simisola
42 ミネット・ウォルターズ 鉄の枷 Wędzidło sekutnicy
43 マイクル・コナリー ラスト・コヨーテ Ostatni kojot
44 ジェフリー・ディーヴァー 静寂の叫び Panieński grób
45 ヴァル・マクダーミド 殺しの儀式 Syreni śpiew
46 キャロライン・グレアム 原題 Faithful unto Death Wierna do śmierci
47 ダナ・レオン 原題 Acqua Alta / Death in High Water Acqua alta
48 ネルソン・デミル プラムアイランド Śliwkowa Wyspa
49 ノルウェー ジョー・ネスボ ザ・バット 神話の殺人 Człowiek – nietoperz
50 日本 桐野夏生 OUT Ostateczne wyjście
51 フランス ジャン=クリストフ・グランジェ クリムゾン・リバー Purpurowe rzeki
52 ロシア ボリス・アクーニン 原題 Статский советник Radca stanu
53 イタリア アンドレア・カミッレーリ 原題 Gli arancini di Montalbano Pomarańczki komisarza Montalbano
54 スペイン アリシア・ヒメネス=バルトレット 原題 Mensajeros de la oscuridad Wysłańcy ciemności
55 トニイ・ヒラーマン 原題 Hunting Badger Polowanie na Borsuka
56 スウェーデン ホーカン・ネッセル 原題 Carambole Karambol
57 ロバート・ウィルスン リスボンの小さな死 Śmierć w Lizbonie
58 スウェーデン カーリン・アルヴテーゲン 喪失 Zaginiona
59 アレグザンダー・マコール・スミス キリンの涙 ミス・ラモツエの事件簿2 Mma Ramotswe i łzy żyrafy
60 ジョン・グリシャム 裏稼業 Bractwo
61 モー・ヘイダー 死を啼く鳥 Ptasznik
62 ピーター・ロビンスン エミリーの不在 W mogile ciemnej
63 ジョン・ル・カレ ナイロビの蜂 Wierny ogrodnik
64 T・ジェファーソン・パーカー サイレント・ジョー Cichy Joe
65 イアン・ランキン 甦る男 Odrodzeni
66 スティーヴン・L・カーター オーシャン・パークの帝王 Władca Ocean Park
67 テス・ジェリッツェン 外科医 Chirurg
68 フェイ・ケラーマン 原題 Stone Kiss Zabójczy pocałunek
69 ジョン・バーデット 原題 Bangkok 8 Bankok 8
70 ポーランド マレク・クライェフスキ Koniec świata w Breslau
71 カリン・スローター 原題 A Faint Cold Fear Zimny strach
72 ジョゼフ・フィンダー 侵入社員 Paranoja
73 ニッキ・フレンチ 生還 Kraina życia
74 ジョナサン・ケラーマン 原題 Rage Wściekłość
(4) Najgorsi z najlepszych
75 ロバート・ラドラム 暗殺者 Tożsamość Bourne'a
76 トム・クランシー レッド・オクトーバーを追え Polowanie na „Czerwony Październik”
77 ジェイムズ・パタースン 血と薔薇 Fiołki są niebieskie
78 ダン・ブラウン ダ・ヴィンチ・コード Kod Leonarda da Vinci
(5)ミステリ‐非ミステリ (Kryminały-niekryminały)
79 ジョゼフ・コンラッド 密偵 Tajny agent
80 スイス フリードリヒ・デュレンマット 故障 Kraksa. Historia jeszcze możliwa
81 チェコ ラジスラフ・フクス 火葬人 Palacz zwłok
82 イタリア ウンベルト・エーコ 薔薇の名前 Imię róży
83 ポール・オースター ガラスの街 Szklane miasto
84 ドイツ エルンスト・ユンガー 原題 Eine gefährliche Begegnung Niebezpieczne spotkanie
85 ブレット・イーストン・エリス アメリカン・サイコ American Psycho
86 フランク・ミラー シン・シティ Miasto Grzechu: Ten żółty drań
87 スペイン ホセ・カルロス・ソモサ イデアの洞窟 Jaskinia filozofów
88 スペイン エドゥアルド・メンドサ 原題 La aventura del tocador de señoras Przygoda fryzjera damskiego
89 マイケル・グルーバー 夜の回帰線 Zwrotnik nocy
90 マーク・ハッドン 夜中に犬に起こった奇妙な事件 Dziwny przypadek psa nocną porą
(6)ベスト10 (Złota dziesiątka)
91 コナン・ドイル 空き家の冒険 Pusty dom
92 アガサ・クリスティー アクロイド殺し Zabójstwo Rogera Ackroyda
93 米 / 英 レイモンド・チャンドラー 大いなる眠り Głęboki sen
94 パトリシア・ハイスミス 見知らぬ乗客 Znajomi z pociągu
95 ジョン・ル・カレ 寒い国から帰ってきたスパイ Uciec z zimna
96 マーティン・クルーズ・スミス ゴーリキー・パーク Park Gorkiego
97 スウェーデン ヘニング・マンケル 殺人者の顔 Morderca bez twarzy
98 マイクル・コナリー ザ・ポエット Poeta
99 ハーラン・コーベン 唇を閉ざせ Nie mów nikomu
100 イアン・ランキン Kaskady

非英語圏の25作品

 上記の100作品のリストから非英語圏の作品を抜き出したもの。25作中、日本語で読めるのは15作。

東欧(3作品)

21 ポーランド ジョー・アレックス Śmierć mówi w moim imieniu
70 ポーランド マレク・クライェフスキ Koniec świata w Breslau
81 チェコ ラジスラフ・フクス 火葬人 Palacz zwłok

 自国(ポーランド)からは2作家2作品が選ばれている。どちらの作家も、邦訳は1作もない。
  ジョー・アレックス (Joe Alex)は本名マチェイ・スウォムチンスキー(Maciej Słomczyński, 1922-1998, 日本語版Wikipedia)。主に1950年代末から1960年代にかけての時期に、作者名と同名のジョー・アレックスを探偵役とするイギリスが舞台の探偵小説シリーズを発表した。1991年に発表された作品も含め、ジョー・アレックスを主人公とする探偵小説シリーズは全8作。このリストで選出されているのはジョー・アレックス・シリーズの1作で1960年の作品。マレック・カミンスキ「ポーランドのミステリー事情 現実と虚構の交錯」(吉崎由紀子訳、『ジャーロ』5号[2001年秋号])にはこの作家について以下のようにある。

コミュニズム政権下で最も人気の高かったポーランド人作家は、マチェイ・スウォムチンスキーである。「ジョー・アレックス」というペンネームで、探偵小説を数多く刊行した。外国人風の名前と、イギリスで大量に発表されていた犯罪小説の手法を取り入れた作風によって、ポーランドで一躍名を馳せる。彼の作品はワルシャワ条約機構加盟国の多くで翻訳・出版され、映画やテレビの原作となった作品も数多い。【中略】ジョー・アレックスは、しばしばアガサ・クリスティのパターンを取り入れた。さまざまな憶測、誤認が飛び交う捜査の末、意外な展開で犯人が明らかになる。

  マレク・クライェフスキ (Marek Krajewski、1966- , ポーランド語版Wikipedia)はポーランド西部の都市ヴロツワフ生まれの作家。現代ポーランドを代表するミステリ作家である。ドイツ領になっていた1930年代のヴロツワフ(ドイツ語ではブレスラウ)を舞台にした警察小説シリーズなどで知られる。このシリーズは英訳もある。このシリーズは最近、ポーランドでドラマ化の計画が進んでいるらしい(ドラマ化についての英文ニュース / 2014年7月)。このリストで選出されているのはシリーズ第2作で、英訳題は『The End of the World in Breslau』。

 チェコから選出された 『火葬人』 は2012年12月に松籟社《東欧の想像力》の第9巻として邦訳が出ている(阿部賢一訳)。その訳者あとがきと著者紹介によれば、 ラジスラフ・フクス は「巧みな心理描写とグロテスクな細部の描出を特徴とする、怪奇小説とも、心理小説とも評される作品を数多く発表」した作家。探偵小説の愛読者であり、「探偵物や犯罪物、あるいはホラーといったジャンルは、思慮深く、そして趣味よく手が加えられていれば、文学的な価値を低くするものではない」と回想録で述べているという。『火葬人』では凡庸な人間が殺人者に変わっていく様が描かれている。

北欧(7作品)

25 スウェーデン シューヴァル&ヴァールー 笑う警官 Śmiejący się policjant
38 スウェーデン シャスティン・エークマン 白い沈黙 Czarna Woda
56 スウェーデン ホーカン・ネッセル 原題 Carambole Karambol
58 スウェーデン カーリン・アルヴテーゲン 喪失 Zaginiona
97 スウェーデン ヘニング・マンケル 殺人者の顔 Morderca bez twarzy
36 デンマーク ペーター・ホゥ スミラの雪の感覚 Smilla w labiryntach śniegu
49 ノルウェー ジョー・ネスボ ザ・バット 神話の殺人 Człowiek – nietoperz

 北欧からは7作家7作品が選ばれた。ホーカン・ネッセルの選出作はフェテーレン刑事部長シリーズの第7作。日本では第2作の『終止符(ピリオド)』のみ訳されている。

南欧(6作品)

33 スペイン マヌエル・バスケス・モンタルバン 原題 Delantero centro fue asesinado al atardecer Środkowy napastnik zginie o zmierzchu
54 スペイン アリシア・ヒメネス=バルトレット 原題 Mensajeros de la oscuridad Wysłańcy ciemności
87 スペイン ホセ・カルロス・ソモサ イデアの洞窟 Jaskinia filozofów
88 スペイン エドゥアルド・メンドサ 原題 La aventura del tocador de señoras Przygoda fryzjera damskiego
53 イタリア アンドレア・カミッレーリ 原題 Gli arancini di Montalbano Pomarańczki komisarza Montalbano
82 イタリア ウンベルト・エーコ 薔薇の名前 Imię róży

 6作中、日本語で読めるのは2作だけである。日本で南欧ミステリの邦訳が遅れていることが分かる。もっとも、この6人の中でまったく邦訳がないのはスペインのアリシア・ヒメネス=バルトレットだけである。スペインのエドゥアルド・メンドサは邦訳はあるが、ミステリは邦訳されていない。

  マヌエル・バスケス・モンタルバン の選出作は私立探偵ペペ・カルバイヨ・シリーズの1作。タイトルは訳すと『センターフォワードは夕暮れ時に殺された』となる(井上知氏のご教示による)。1991年にはドイツ・ミステリ大賞(翻訳作品部門)の第2位になっている。日本ではシリーズ初期の長編3作品が翻訳されている。
  アリシア・ヒメネス=バルトレット (アリシア・ヒメーネス・バルトレット)(Alicia Giménez Bartlett, 1951- , スペイン語版Wikipedia)は邦訳は1作もないが、イタリアで2008年にレイモンド・チャンドラー賞(国内外の優秀なミステリ作家に贈られる)を受賞するなど、国境を越えて評価されているミステリ作家である。このリストで選出されている作品は、1996年から刊行されている女刑事ペトラ・デリカード・シリーズの第3作(1999)。
  エドゥアルド・メンドサ の選出作は2001年の作品で、「名もなき探偵」シリーズ第3作。柳原孝敦氏がブログ「翻訳ミステリー大賞シンジケート」に連載したエッセイ「黒、ただ一面の黒」の「第1回 なんだかおかしな黒:エドゥアルド・メンドサ」(2013/04/01)で、このシリーズの第4作(2012)が紹介されている。

  アンドレア・カミッレーリ の選出作は20編収録の短編集(1999年)。収録作のうちの1編が「ふたりのモンタルバーノ」のタイトルで邦訳されている(大條成昭訳、『ミステリマガジン』2001年2月号)。

フランス語圏(4作品)

17 フランス ジャン=クロード・イゾ 失われた夜の夜 Total Cheops
20 ベルギー ジョルジュ・シムノン メグレと首無し死体 Maigret i trup bez głowy
24 フランス セバスチアン・ジャプリゾ シンデレラの罠 Kopciuszek w potrzasku
51 フランス ジャン=クリストフ・グランジェ クリムゾン・リバー Purpurowe rzeki

ドイツ語圏(2作品)

80 スイス フリードリヒ・デュレンマット 故障 Kraksa. Historia jeszcze możliwa
84 ドイツ エルンスト・ユンガー 原題 Eine gefährliche Begegnung Niebezpieczne spotkanie

  フリードリヒ・デュレンマット 「故障」は『失脚/巫女の死 デュレンマット傑作選』(増本浩子訳、光文社古典新訳文庫、2012年)に収録。
  エルンスト・ユンガー は文学方面で知られる作家だが、選出作の『Eine gefährliche Begegnung』(ドイツ語版Wikipedia)はミステリであるらしい。

その他(3作品)

34 イスラエル シュラミット・ラピッド 原題 מקומון Gazeta lokalna
50 日本 桐野夏生 OUT Ostateczne wyjście
52 ロシア ボリス・アクーニン 原題 Статский советник Radca stanu

  シュラミット・ラピッド は邦訳に『「地の塩」殺人事件 女記者リジー・バドゥヒ』(母袋夏生訳、マガジンハウス、1997年9月)がある。ここで選ばれている作品は1996年のドイツ・ミステリ大賞(翻訳作品部門)で第2位になった作品。
  桐野夏生 の『OUT』は英訳版が2004年にアメリカ探偵作家クラブ(MWA)のエドガー賞最優秀長編賞にノミネートされたということもあり、世界でもっとも有名な日本ミステリとなっている。私の知る限りで、『OUT』は以下の24の言語に翻訳されている:英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、オランダ語、アイスランド語、ノルウェー語、スウェーデン語、デンマーク語、ロシア語、ポーランド語、チェコ語、スロベニア語、クロアチア語、ギリシャ語、ハンガリー語、ヘブライ語、中国語、韓国語、タイ語、インドネシア語、トルコ語。なお、ポーランド語になっている日本の現代ミステリ作家は桐野夏生ぐらいしかない(『OUT』のほか、『グロテスク』、『リアルワールド』、そしてミステリではないが『東京島』が訳されている ※タイトルをクリックするとポーランド語版の表紙画像が見られます)。2012年に同じくエドガー賞最優秀長編賞にノミネートされた東野圭吾の『容疑者Xの献身』は知る限りで16の言語に翻訳されており、近隣国(ドイツ、チェコ、ハンガリー)でも翻訳出版されているが、ポーランド語には訳されていない。
  ボリス・アクーニン の選出作はファンドーリンの捜査ファイル・シリーズ。日本では初期の3作品が翻訳されている。


関連ページ