フランスのミステリ編集者が選んだ必読ミステリ100


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2014年8月27日

 フランスで2008年に刊行された『Le guide des 100 polars incontournables』(必読ミステリ100作ガイド)(仏amazon)で選ばれている100作品の一覧。選者はフランスのミステリ編集者でありミステリの翻訳や創作も手掛けるエレーヌ・アマルリック(Hélène Amalric)。100冊一覧の情報源は「こちら」。
 なお同じ出版社からは映画100選、SF小説100選、文学100選、バンド・デシネ100選などさまざまな「100選」本が出ている。

 先日アンケートを実施した「フランスミステリベスト100」のようなものがフランスにもないかと探していたところ、このリストが見つかった。多数の読者からアンケートをとったものではなく1人の編集者が選んだものなので、フランスのミステリ読者の好みをどれぐらい反映しているのかは分からないが、意外な作品が採られていたりして面白い。
 このように個人で100作品を選んだものとして、日本では杉江松恋氏の『読み出したら止まらない! 海外ミステリー マストリード100』(日経文芸文庫、2013年10月)がある。

 この100作リストを日本の『東西ミステリーベスト100』や、以下のリストと比べてみるのも面白いかもしれない。


追記:吉野仁氏が2008年にこのリストの冒頭4分の1ほどを紹介されていました(ページを作成したあとに気づきました)。

Index

必読ミステリ100選(エレーヌ・アマルリック選)

  • 100作品中、日本語で読めるのは84作品、邦訳がないのは16作品。(邦訳のない作品には背景色をつけた)
  • 100作品中、英語圏の作品が74作品、フランス語圏の作品が16作品、それ以外が10作品。
作者 タイトル 仏題
エドガー・アラン・ポー モルグ街の殺人 Double assassinat dans la rue Morgue 1841
フランス エミール・ガボリオ ルルージュ事件 L'affaire Lerouge 1863
ロシア フョードル・ドストエフスキー 罪と罰 Crime et châtiment 1865
ウィルキー・コリンズ 月長石 La pierre de lune 1868
チャールズ・ディケンズ エドウィン・ドルードの謎 Le mystère d'Edwin Drood 1870
コナン・ドイル 緋色の研究 Une étude en rouge 1887
フランス ガストン・ルルー 黄色い部屋の謎 Le mystère de la chambre jaune 1908
フランス モーリス・ルブラン 奇巌城 L'aiguille creuse 1909
G・K・チェスタトン ブラウン神父の童心 La clairvoyance du père Brown 1910
ジョン・バカン 三十九階段 Les trente-neuf marches 1911
フランス スーヴェストル&アラン ファントマ Fantômas 1911
ベロック・ローンズ 下宿人 Un étrange locataire 1913
サックス・ローマー 悪魔博士(別題:魔人博士) *1 Le diabolique Fu-Manchu 1916
ドロシー・L・セイヤーズ 誰の死体? Lord Peter et l'inconnu 1923
アイルランド リアム・オフラハティー 密告者(別題:男の敵) *2 Le mouchard 1925
アガサ・クリスティー アクロイド殺し Le meurtre de Roger Ackroyd 1926
サマセット・モーム アシェンデン Mr Ashenden, agent secret 1928
ダシール・ハメット 赤い収穫(別題:血の収穫) La moisson rouge 1929
ベルギー ジョルジュ・シムノン 男の首 La tête d'un homme 1931
フランシス・アイルズ レディに捧げる殺人物語 Préméditation 1931
ジェイムズ・M・ケイン 郵便配達は二度ベルを鳴らす Le facteur sonne toujours deux fois 1934
フランス ピエール・ヴェリー Les disparus de Saint-Agil 1935
グレアム・グリーン 拳銃売ります Tueur à gages 1936
ホレス・マッコイ 原題 No Pockets in a Shroud Un linceul n'a pas de poches 1937
ジョン・ディクスン・カー 火刑法廷 La chambre ardente 1937
ダフネ・デュ・モーリア レベッカ Rebecca 1938
ジョナサン・ラティマー 赤き死の香り Gardénia rouge 1939
米 / 英 レイモンド・チャンドラー 大いなる眠り Le grand sommeil 1939
エリック・アンブラー ディミトリオスの棺 Le masque de Dimitrios 1939
ベルギー S・A・ステーマン 殺人者は21番地に住む L'assassin habite au 21 1939
ジェイムズ・ハドリー・チェイス ミス・ブランディッシの蘭 Pas d'orchidées pour miss Blandish 1939
ヴェラ・キャスパリ ローラ殺人事件 Laura 1942
フランス レオ・マレ 120, rue de la Gare 1943
ウィリアム・アイリッシュ 暁の死線 L'heure blafarde 1944
ジョエル・タウンズリー・ロジャーズ 赤い右手 La sinistre main droite / Jeu de massacre / La main perdue 1945
ロイ・ヴィカーズ 迷宮課事件簿 Service des affaires classées 1947
ドロシー・B・ヒューズ 孤独な場所で Tuer ma solitude 1947
ミッキー・スピレイン 裁くのは俺だ J'aurai ta peau 1947
E・S・ガードナー 怪しい花婿 Le bigame innocent 1949
W・R・バーネット アスファルトジャングル Quand la ville dort 1949
パトリシア・ハイスミス 見知らぬ乗客 L'inconnu du Nord-Express 1950
ドナルド・E・ウェストレイク 我輩はカモである Le pigeon récalcitrant 1952
デイヴィッド・グディス 原題 The Moon in the Gutter *3 La lune dans le caniveau 1953
エド・マクベイン 通り魔 Le sonneur 1956
メイヤ・レヴィン 原題 Compulsion *4 Crime 1956
チェスター・ハイムズ イマベルへの愛 La reine des pommes 1957
フランス ボアロー&ナルスジャック 死者の中から(別題:めまい) D'entre les morts / Sueurs froides 1958
ジョン・ル・カレ 寒い国から帰ってきたスパイ L'espion qui venait du froid 1963
オランダ ロバート・ファン・ヒューリック 雷鳴の夜 Le monastère hanté 1963
エラリー・クイーン 第八の日 Et le huitième jour 1964
ジム・トンプスン ポップ1280 1275 âmes *5 1964
トルーマン・カポーティ 冷血 De sang-froid 1965
フランス セバスチアン・ジャプリゾ 新車の中の女 La dame dans l'auto avec des lunettes et un fusil 1966
イタリア ジョルジョ・シェルバネンコ 裏切者 A tous les râteliers 1966
スウェーデン シューヴァル&ヴァールー バルコニーの男 L'homme au balcon 1967
ジョゼフ・ハンセン 闇に消える Le poids du monde 1970
イタリア フルッテロ&ルチェンティーニ 日曜日の女 La femme du dimanche 1972
スペイン マヌエル・バスケス・モンタルバン 原題 Yo maté a Kennedy J'ai tué Kennedy 1972
トニー・ヒラーマン 死者の舞踏場 Là où dansent les morts 1973
ジャック・ヴァンス 原題 Bad Ronald Méchant garçon 1973
ハーバート・リーバーマン 死者の都会(まち) Nécropolis 1976
ルース・レンデル ロウフィールド館の惨劇 L'analphabète 1977
ウィリアム・マッキルヴァニー 夜を深く葬れ Laidlaw 1977
フランス エルヴェ・ジャウアン(Hervé Jaouen) *6 La mariée rouge 1979
イタリア ウンベルト・エーコ 薔薇の名前 Le nom de la rose 1980
エリス・ピーターズ 修道士の頭巾 Le capuchon du moine 1980
マーク・ベイム 氷の接吻 Mortelle randonnée 1980
エルモア・レナード 野獣の街 La loi de la cité 1980
ジョゼフ・ウォンボー ハリウッドの殺人 Le crépuscule des flics 1981
フランス ジャン=パトリック・マンシェット 眠りなき狙撃者 La position du tireur couché 1981
ロバート・デイリー 原題 Prince of the City *7 Le prince de New York 1978
サラ・パレツキー サマータイム・ブルース Chronique d'une mort assurée 1982
ローレンス・ブロック 八百万の死にざま Huit millions de façons de mourir 1982
デレク・レイモンド 原題 He died with his eyes open On ne meurt que deux fois / Il est mort les yeux ouverts 1982
ジェイムズ・クラムリー ダンシング・ベア La danse de l'ours 1983
オランダ ヤンウィレム・ヴァン・デ・ウェテリンク 原題 Het Werkbezoek / The Maine Massacre Le massacre du Maine 1984
アンドリュー・ヴァクス フラッド Flood 1985
フランス ディディエ・デナンクス Métropolice 1985
P・D・ジェイムズ 死の味 Un certain goût pour la mort 1986
ダニエル・ウッドレル 白昼の抗争 Sous la lumière cruelle 1986
ジェイムズ・エルロイ ブラック・ダリア Le dahlia noir 1987
アン・ペリー 原題 Cardington Crescent Meurtres à Cardington Crescent 1987
トマス・ハリス 羊たちの沈黙 Le silence des agneaux 1988
フィリップ・カー 偽りの街 L'été de cristal 1989
スペイン アルトゥーロ・ペレス・レベルテ フランドルの呪画(のろいえ) Le tableau du maître flamand 1990
エリザベス・ジョージ 名門校 殺人のルール Cérémonies barbares 1990
フランス ユーグ・パガン(Hugues Pagan) *8 L'étage des morts 1990
ヘレン・ザハーヴィ ダーティ・ウィークエンド Dirty week-end 1991
デンマーク ペーター・ホゥ スミラの雪の感覚 Smilla et l'amour de la neige 1992
ケイレブ・カー エイリアニスト 精神科医 L'aliéniste 1994
パトリシア・コーンウェル 死体農場 La séquence des corps 1995
ヴァル・マクダーミド 殺しの儀式 Le chant des sirènes 1995
マイクル・コナリー ザ・ポエット Le poète 1996
イアン・ペアズ 原題 An Instance of the Fingerpost *9 Le cercle de la croix 1998
フランス フレッド・ヴァルガス 裏返しの男 L'homme à l'envers 1999
南アフリカ レニー・エアース 夜の闇を待ちながら Un fleuve de ténèbres 1999
フランス アンドレア・H・ジャップ Le silence des survivants 2000
ダン・ブラウン ダ・ヴィンチ・コード Da Vinci code 2002
デニス・ルヘイン シャッター・アイランド Shutter island 2003
スウェーデン スティーグ・ラーソン ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 Les hommes qui n'aimaient pas les femmes - Millenium 2005
  • *1 :サックス・ローマー『悪魔博士』(魔人博士) … 原題『The Return of Dr Fu-Manchu』(英)または『The Devil Doctor』(米)。怪人フー・マンチュー・シリーズの第2作。シリーズ第1作はポケミスで2004年に『怪人フー・マンチュー』のタイトルで刊行されている。
  • *2 :リアム・オフラハティー(Liam O’Flaherty)『密告者』(男の敵) … 1934年にライアム・オフラアテイー『密告者』(春陽堂)、1953年にリーアム・オーフラハティー『男の敵』(世界文学社)として刊行。前者は2008年に、ゆまに書房《昭和初期世界名作翻訳全集》の第195巻として復刻版が出ている。
  • *3 :デイヴィッド・グディス『The Moon in the Gutter』 … 著者名表記は「デイヴィッド・グーディス」とされることが多かったが、近年『ミステリマガジン』では「デイヴィッド・グディス」と表記されているためそれに従った。未邦訳長編『The Moon in the Gutter』は1983年にフランスで映画化されており(監督:ジャン=ジャック・ベネックス)、日本でも『溝の中の月』のタイトルで公開された。DVD化もされている。
  • *4 :メイヤ・レヴィン(Meyer Levin) … マイア・レヴィン、メイヤー・レビン、メイヤー・レヴィンとも表記。未邦訳長編『Compulsion』は1959年にアメリカで映画化されており(監督:リチャード・フライシャー)、日本では『強迫/ロープ殺人事件』(または『動機なき殺人』)としてテレビ放送された。
  • *5 :ジム・トンプスン『ポップ1280』 … 原題は『Pop. 1280』。このフランス語版が『1275 âmes』となっていることの不思議についてはストラングル・成田氏のサイト「密室系」にまとめがあるが、結局理由は明らかにはなっていないようである(「ポップ1275」の謎)。
  • *6 :エルヴェ・ジャウアン(Hervé Jaouen) … エルヴェ・ジャウエンとも表記。邦訳刊行されているのは絵本『おばあちゃんの記憶』のみ(「エルヴェ・ジャウエン」表記)。山田礼雄氏のフランスミステリ研究サイト「Noir」に詳しい紹介がある(エルヴェ・ジャウアン)。
  • *7 :ロバート・デイリー『Prince of the City』 … 1981年にアメリカで映画化されており(監督:シドニー・ルメット)、日本でも『プリンス・オブ・シティ』のタイトルで公開された。
  • *8 :ユーグ・パガン(Hugues Pagan) … 邦訳は1作もない。山田礼雄氏のフランスミステリ研究サイト「Noir」に詳しい紹介がある(ユーグ・パガン)。
  • *9 :ブログ「翻訳ミステリー大賞シンジケート」で日暮雅通氏が言及している。「月替わり翻訳者エッセイ」の2012年3月、「今何訳してる? 第3回 3人の巨匠たちと」(2012-03-19)。

フランス語圏の16作品

 上記の100作品のリストからフランス語圏の作品を抜き出したもの。16作中、日本語で読めるのは10作。
 フランスの編集者が英米他の傑作に並ぶものとして自国(+ベルギーのフランス語地域)のどの作品を挙げているかは興味深い。

 右端は先日の「フランスミステリベスト100」での順位。
作者 タイトル 仏題
フランス エミール・ガボリオ ルルージュ事件 L'affaire Lerouge 1863 28位
フランス ガストン・ルルー 黄色い部屋の謎 Le mystère de la chambre jaune 1908 3位
フランス モーリス・ルブラン 奇巌城 L'aiguille creuse 1909 16位
フランス スーヴェストル&アラン ファントマ Fantômas 1911 投票0
ベルギー ジョルジュ・シムノン 男の首 La tête d'un homme 1931 57位
フランス ピエール・ヴェリー Les disparus de Saint-Agil 1935
ベルギー S・A・ステーマン 殺人者は21番地に住む L'assassin habite au 21 1939 17位
フランス レオ・マレ 120, rue de la Gare 1943
フランス ボアロー&ナルスジャック 死者の中から(別題:めまい) D'entre les morts / Sueurs froides 1958 47位
フランス セバスチアン・ジャプリゾ 新車の中の女 La dame dans l'auto avec des lunettes et un fusil 1966 41位
フランス エルヴェ・ジャウアン(Hervé Jaouen) La mariée rouge 1979
フランス ジャン=パトリック・マンシェット 眠りなき狙撃者 La position du tireur couché 1981 75位
フランス ディディエ・デナンクス Métropolice 1985
フランス ユーグ・パガン(Hugues Pagan) L'étage des morts 1990
フランス フレッド・ヴァルガス 裏返しの男 L'homme à l'envers 1999 173位
フランス アンドレア・H・ジャップ Le silence des survivants 2000

 邦訳されている10作のうち、「フランスミステリベスト100」で票が入らなかったのはスーヴェストル&アラン『ファントマ』(佐々木善郎訳、ハヤカワ文庫NV、1976年 等)のみ。スーヴェストル&アラン『ファントマの逆襲』(伊東守男訳、ハヤカワ文庫NV、1978年5月)には1票の投票があった。
 選出作が邦訳されていないのは6人(ピエール・ヴェリー、レオ・マレ、エルヴェ・ジャウアン、ディディエ・デナンクス、ユーグ・パガン、アンドレア・H・ジャップ)。うち、エルヴェ・ジャウアンは絵本が1冊訳されているだけであり(『おばあちゃんの記憶』)、ユーグ・パガンは邦訳は1作もない。ほかの4人は別のミステリ作品の邦訳がある。

非英仏語圏の10作品

 100作品のリストから非英仏語圏の作品を抜き出したもの。

南欧(5作品)

作者 タイトル 仏題
イタリア ジョルジョ・シェルバネンコ 裏切者 A tous les râteliers 1966
イタリア フルッテロ&ルチェンティーニ 日曜日の女 La femme du dimanche 1972
イタリア ウンベルト・エーコ 薔薇の名前 Le nom de la rose 1980
スペイン マヌエル・バスケス・モンタルバン 原題 Yo maté a Kennedy J'ai tué Kennedy 1972
スペイン アルトゥーロ・ペレス・レベルテ フランドルの呪画(のろいえ) Le tableau du maître flamand 1990

 ジョルジョ・シェルバネンコ『裏切者』は1968年のフランス推理小説大賞受賞作(翻訳作品部門)。
 フルッテロ&ルチェンティーニの『日曜日の女』は「ドイツ語圏のミステリファンによるミステリ・ベスト100(1990年)」でも34位と高い評価を受けていた。邦訳もあるが、読んだ人の感想を見たことがない。(私自身も未読)
 マヌエル・バスケス・モンタルバンの『Yo maté a Kennedy』(俺がケネディーを殺した)は私立探偵ペペ・カルバイヨの初登場作品。ただしこの作品ではまだ主人公ではなかった。

北欧(3作品)

作者 タイトル 仏題
スウェーデン シューヴァル&ヴァールー バルコニーの男 L'homme au balcon 1967
スウェーデン スティーグ・ラーソン ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 Les hommes qui n'aimaient pas les femmes - Millenium 2005
デンマーク ペーター・ホゥ スミラの雪の感覚 Smilla et l'amour de la neige 1992

 日本のミステリランキングではシューヴァル&ヴァールーの作品ではマルティン・ベック・シリーズ第4作『笑う警官』が高順位につけるが、ここでは第3作『バルコニーの男』が選出されている。なお、「ドイツ語圏のミステリファンによるミステリ・ベスト100(1990年)」では第10作(最終作)の『テロリスト』が最も順位が高かった。
 ペーター・ホゥの『スミラの雪の感覚』は先日の「英テレグラフ紙編集部が選んだミステリ・オールタイムベスト20」(2014年5月5日)にも選ばれていた。世界的に評価が高い作品。

その他(2作品)

作者 タイトル 仏題
オランダ ヤンウィレム・ヴァン・デ・ウェテリンク 原題 Het Werkbezoek / The Maine Massacre Le massacre du Maine 1984
ロシア フョードル・ドストエフスキー 罪と罰 Crime et châtiment 1865

 ヤンウィレム・ヴァン・デ・ウェテリンクは各作品をオランダ語と英語の両方で執筆・発表している。ここで選ばれている『Het Werkbezoek / The Maine Massacre』はフライプストラ&デ・ヒールのシリーズの第7作。日本では第4作まで翻訳されている。
 ドストエフスキーの『罪と罰』が入っているのは目を引くが、この作品はアメリカ探偵作家クラブ(MWA)によるベスト100(1995年)でも24位にランクインしている(「海外ミステリ総合データベース ミスダス」>「アメリカ探偵作家クラブが選んだミステリBEST100」)。

 以下の2人は英語で執筆する(した)作家。
作者 タイトル 仏題
オランダ ロバート・ファン・ヒューリック 雷鳴の夜 Le monastère hanté 1963
南アフリカ レニー・エアース 夜の闇を待ちながら Un fleuve de ténèbres 1999


関連ページ