年間ミステリランキング 非英語圏作品一覧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2012年9月9日
  • 最終更新:2014年1月12日

  海外ミステリの年間ランキングで10位以内にランクインした非英語圏作品の一覧。
 一応書いておくと、順位はネット上で確認したのではなく、すべて現物を見て確認しています。

  • 表の見方の注意
    • このページで、たとえば「2012年 第2位」とされているものは、2011年の年末に発表されたランキングで第2位だったことを示します。これは、『本格ミステリ・ベスト10』や『このミステリーがすごい!』、『ミステリが読みたい!』の表題が翌年表記になっているのに合わせたためです。(たとえば、2011年末に刊行されるのは『2012 本格ミステリ・ベスト10』、『このミステリーがすごい! 2012年版』、『ミステリが読みたい! 2012年版』)

Index

本格ミステリ・ベスト10(原書房)

順位 タイトル 作者 備考
2001年 第1位 ドン・イシドロ・パロディ 六つの難事件 ボルヘス、ビオイ=カサーレス アルゼンチン(スペイン語)
2003年 第1位 第四の扉 ポール・アルテ フランス このミス4位、文春2位
第8位 死者を起こせ フレッド・ヴァルガス フランス
2004年 第1位 死が招く ポール・アルテ フランス
2005年 第1位 赤い霧 ポール・アルテ フランス 文春10位
第7位 イデアの洞窟 ホセ・カルロス・ソモサ スペイン 文春9位
2006年 第3位 カーテンの陰の死 ポール・アルテ フランス
第9位 最後の審判の巨匠 レオ・ペルッツ オーストリア(ドイツ語)
第10位 柳園の壺 ロバート・ファン・ヒューリック オランダ (※執筆は英語)
2007年 第3位 赤髯王の呪い ポール・アルテ フランス
第4位 オックスフォード連続殺人 ギジェルモ・マルティネス アルゼンチン(スペイン語)
2008年 第1位 狂人の部屋 ポール・アルテ フランス このミス7位、早ミス3位
第8位 リヴァイアサン号殺人事件 ボリス・アクーニン ロシア 早ミス9位
2009年 第3位 七番目の仮説 ポール・アルテ フランス
2010年 第3位 虎の首 ポール・アルテ フランス
第7位 騙し絵 マルセル・F・ラントーム フランス
2011年 第6位 殺す手紙 ポール・アルテ フランス
2013年 第10位 彼の個人的な運命 フレッド・ヴァルガス フランス

 ちなみに、2011年版の11位~20位の非英語圏作品は以下の通り。
 台湾の本格ミステリ『虚擬街頭漂流記』はあと1ポイントで、F・W・クロフツ『フレンチ警部と毒蛇の謎』、ピーター・トレメイン『修道女フィデルマの洞察』と並んで第10位でした。残念。
(『2011 本格ミステリ・ベスト10』には10位までの結果しか掲載されていませんが、各アンケート回答者の回答内容はすべて掲載されているので、それを当サイトで集計しました[集計結果])

  • 2011年
    • 第12位 - 寵物先生(ミスターペッツ)『虚擬街頭漂流記』(台湾、中国語)
    • 第14位 - 水天一色(すいてんいっしき)『蝶の夢 乱神館記』(中国)
    • 第18位 - カミ『機械探偵クリク・ロボット』(フランス)

 2013年版で香港の本格ミステリ、陳浩基(ちん こうき、サイモン・チェン)『世界を売った男』は第18位でした。また、中国の本格ミステリ短編、馬天(ばてん、マーティエン)「日本鎧の謎」を収録したアンソロジー『エラリー・クイーンの災難』(飯城勇三編)は第11位でした。(これも『2013 本格ミステリ・ベスト10』に掲載されている全回答を当サイトで集計しました)

+ 『2013 本格ミステリ・ベスト10』海外部門 11位~20位(クリックで展開)

このミステリーがすごい!(宝島社)

順位 タイトル 作者 備考
1991年 第1位 薔薇の名前 ウンベルト・エーコ イタリア 文春1位
1995年 第10位 猫たちの聖夜 アキフ・ピリンチ ドイツ
1996年 第10位 パパはビリー・ズ・キックを捕まえられない ジャン・ヴォートラン フランス
2003年 第4位 第四の扉 ポール・アルテ フランス 本ミス1位、文春2位
第9位 グルーム ジャン・ヴォートラン フランス IN☆POCKET10位
2007年 第4位 風の影 カルロス・ルイス・サフォン スペイン 文春2位、IN☆POCKET1位
2008年 第7位 狂人の部屋 ポール・アルテ フランス 本ミス1位、早ミス3位
第9位 目くらましの道 ヘニング・マンケル スウェーデン 早ミス6位
2009年 第6位 タンゴステップ ヘニング・マンケル スウェーデン 早ミス9位、IN☆POCKET8位
2010年 第2位 ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 スティーグ・ラーソン スウェーデン 文春1位、早ミス1位
第9位 ミレニアム2 火と戯れる女 スティーグ・ラーソン スウェーデン 文春1位、早ミス1位
第10位 ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 スティーグ・ラーソン スウェーデン 文春1位、早ミス1位
2012年 第2位 犯罪 フェルディナント・フォン・シーラッハ ドイツ 文春2位、早ミス2位
第4位 背後の足音 ヘニング・マンケル スウェーデン 文春6位、早ミス4位、IN☆POCKET1位
2013年 第4位 湿地 アーナルデュル・インドリダソン アイスランド 文春2位、早ミス1位
第5位 失脚/巫女の死 デュレンマット傑作選 フリードリヒ・デュレンマット スイス(ドイツ語) IN☆POCKET9位
第5位 ファイアーウォール ヘニング・マンケル スウェーデン
第9位 天使のゲーム カルロス・ルイス・サフォン スペイン 文春10位、IN☆POCKET2位
2014年 第10位 緑衣の女 アーナルデュル・インドリダソン アイスランド 文春2位、早ミス2位

『週刊文春』ミステリーベスト10(文藝春秋)

※この表では『このミステリーがすごい!』等に合わせて年度を翌年表記変えています
順位 タイトル 作者 備考
1984年 第3位 赤の広場 ブレジネフ最後の賭け エドゥアルド・トーポリ、フリードリヒ・ニェズナンスキイ ソ連
1991年 第1位 薔薇の名前 ウンベルト・エーコ イタリア このミス1位
1998年 第10位 眠りなき狙撃者 ジャン=パトリック・マンシェット フランス
2003年 第2位 第四の扉 ポール・アルテ フランス 本ミス1位、このミス4位
2005年 第9位 イデアの洞窟 ホセ・カルロス・ソモサ スペイン 本ミス7位
第10位 赤い霧 ポール・アルテ フランス 本ミス1位
2007年 第2位 風の影 カルロス・ルイス・サフォン スペイン このミス4位、IN☆POCKET1位
2009年 第9位 深海のYrr(イール) フランク・シェッツィング ドイツ 早ミス5位、IN☆POCKET3位
2010年 第1位 ミレニアム スティーグ・ラーソン スウェーデン このミス2・9・10位、早ミス1位
2012年 第2位 犯罪 フェルディナント・フォン・シーラッハ ドイツ このミス2位、早ミス2位
第6位 背後の足音 ヘニング・マンケル スウェーデン このミス4位、早ミス4位、IN☆POCKET1位
2013年 第2位 湿地 アーナルデュル・インドリダソン アイスランド このミス4位、早ミス1位
第6位 ルパン、最後の恋 モーリス・ルブラン フランス
第9位 罪悪 フェルディナント・フォン・シーラッハ ドイツ 早ミス10位
第10位 天使のゲーム カルロス・ルイス・サフォン スペイン このミス9位、IN☆POCKET2位
2014年 第2位 緑衣の女 アーナルデュル・インドリダソン アイスランド このミス10位、早ミス2位
第4位 コリーニ事件 フェルディナント・フォン・シーラッハ ドイツ 早ミス8位
第9位 HHhH プラハ、1942年 ローラン・ビネ フランス

ミステリが読みたい!(早川書房)

順位 タイトル 作者 備考
2008年 第3位 狂人の部屋 ポール・アルテ フランス 本ミス1位、このミス7位
第6位 目くらましの道 ヘニング・マンケル スウェーデン このミス9位
第9位 リヴァイアサン号殺人事件 ボリス・アクーニン ロシア 本ミス8位
2009年 第5位 深海のYrr(イール) フランク・シェッツィング ドイツ 文春9位、IN☆POCKET3位
第9位 タンゴステップ ヘニング・マンケル スウェーデン このミス6位、IN☆POCKET8位
2010年 第1位 ミレニアム スティーグ・ラーソン スウェーデン このミス2・9・10位、文春1位
2012年 第2位 犯罪 フェルディナント・フォン・シーラッハ ドイツ このミス2位、文春2位
第4位 背後の足音 ヘニング・マンケル スウェーデン このミス4位、文春6位、IN☆POCKET1位
第9位 死刑囚 アンデシュ・ルースルンド、ベリエ・ヘルストレム スウェーデン
第10位 特捜部Q 檻の中の女 ユッシ・エーズラ・オールスン デンマーク
2013年 第1位 湿地 アーナルデュル・インドリダソン アイスランド このミス4位、文春2位
第4位 特捜部Q Pからのメッセージ ユッシ・エーズラ・オールスン デンマーク
第10位 罪悪 フェルディナント・フォン・シーラッハ ドイツ 文春9位
2014年 第2位 緑衣の女 アーナルデュル・インドリダソン アイスランド このミス10位、文春2位
第8位 コリーニ事件 フェルディナント・フォン・シーラッハ ドイツ 文春4位

『IN☆POCKET』文庫翻訳ミステリー・ベスト10(講談社)

※この表では『このミステリーがすごい!』等に合わせて年度を翌年表記変えています
順位 タイトル 作者 備考
1999年 第9位 鉄の薔薇 ブリジット・オベール フランス
2003年 第10位 グルーム ジャン・ヴォートラン フランス このミス9位
2004年 第6位 夜鳥(よどり) モーリス・ルヴェル フランス
2005年 第7位 蜘蛛の微笑(のちに『私が、生きる肌』に改題) ティエリー・ジョンケ フランス
2007年 第1位 風の影 カルロス・ルイス・サフォン スペイン このミス4位、文春2位
2009年 第3位 深海のYrr(イール) フランク・シェッツィング ドイツ 文春9位、早ミス5位
第8位 タンゴステップ ヘニング・マンケル スウェーデン このミス6位、早ミス9位
2011年 第10位 五番目の女 ヘニング・マンケル スウェーデン
2012年 第1位 背後の足音 ヘニング・マンケル スウェーデン このミス4位、文春6位、早ミス4位
第5位 謝罪代行社 ゾラン・ドヴェンカー ドイツ
第7位 時の地図 フェリクス・J・パルマ スペイン
2013年 第2位 天使のゲーム カルロス・ルイス・サフォン スペイン このミス9位、文春10位
第5位 深い疵(きず) ネレ・ノイハウス ドイツ
第7位 濡れた魚 フォルカー・クッチャー ドイツ
第9位 失脚/巫女の死 デュレンマット傑作選 フリードリヒ・デュレンマット スイス(ドイツ語) このミス5位

  • 2007年 - ギジェルモ・マルティネス『オックスフォード連続殺人』(アルゼンチン、スペイン語)、「作家が選んだベスト10」第7位
  • 2008年 - ルカ・ディ・フルヴィオ『ディオニュソスの階段』(イタリア)、「作家が選んだベスト10」第10位
  • 2009年 - ルイス・フェルナンド・ヴェリッシモ『ボルヘスと不死のオランウータン』(ブラジル、ポルトガル語)、「翻訳家&評論家が選んだベスト10」第7位
  • 2014年 - フィンランド在住のアメリカ人ミステリ作家がフィンランドを舞台にして英語で書いた、ジェイムズ・トンプソン『極夜 カーモス』が第10位。作者は1998年からフィンランドで暮らし、現地の女性と結婚し、フィンランド語を流暢に話すという。

東西ミステリーベスト100(1985年版、2012年版)

1985年
第16位 黄色い部屋の謎 ガストン・ルルー フランス
第23位 わらの女 カトリーヌ・アルレー フランス
第30位 笑う警官 マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー スウェーデン
第41位 813 モーリス・ルブラン フランス
第67位 シンデレラの罠 セバスチアン・ジャプリゾ フランス
第83位 男の首 ジョルジュ・シムノン ベルギー(フランス語)
2012年
第7位 薔薇の名前 ウンベルト・エーコ イタリア このミス1位、文春1位(1991年版)
第12位 《ミレニアム》三部作 スティーグ・ラーソン スウェーデン このミス2・9・10位、文春1位、早ミス1位(2010年版)
第28位 黄色い部屋の謎 ガストン・ルルー フランス
第30位 笑う警官 マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー スウェーデン
第41位 シンデレラの罠 セバスチアン・ジャプリゾ フランス
第52位 犯罪 フェルディナント・フォン・シーラッハ ドイツ このミス2位、文春2位、早ミス2位(2012年版)
第53位 わらの女 カトリーヌ・アルレー フランス
第92位 奇岩城 モーリス・ルブラン フランス


関連記事


※文庫翻訳ミステリー・ベスト10(講談社『IN☆POCKET』に掲載)の結果は2012年10月2日に追加しました。
※東西ミステリーベスト100の結果は2013年1月6日に追加しました。