※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはQ&Aページです。

・ASHに関する疑問がありましたら,お気軽に質問をしてください。


Q:ASHって何ですか?


A:東京大学のダンスサークル「T.U.Dancing Club WISH」のOBOGの総称です。


名前の由来は,

「WISH」で燃え尽きるまで踊り,「灰(=ASH)」になって卒業する

という韻を踏んだネーミングである。ことは勿論なのですが


70年代を代表するブリティッシュロックバンド,「Wishbone Ash」というバンド名(Wishbone=鳥の又骨)に, 「Wish-born-Ash(=Wish is born from Ash)」=「希望は灰から生まれる」というダブルミーニングがあることを知った2代執行部が,卒業の際に敢えて自らを「ASH」と位置付けたと言われています。


Q:ASHというのは体系的に組織化された団体なのですか?


A:残念ながら,今現在は漠然としたWISH OBOGの総称であるだけで,「組織化」はされていません。


かつて1994年に,06代染谷氏が,10代山口氏,11代百瀬氏など数名の協力を得て,「年会費1,000円を徴収し,年1回の名簿発行と年3~4回の会報発行を活動内容とする」形で「組織化」を試みたことがありますが,メールアドレスを所有している人が「ごく少数」でしかなかった当時,会員への会報発行にかかる事務局作業が膨大なものとなり(最終的な会員数は200名を超えていました),数人にボランティアで手伝ってもらうレベルでは対応出来なくなってしまったため,止む無く約3年の活動をもって「解散」してしまった経緯があります。


Q:初代から17代までを支えてくれた「上島雪夫」さんというのはどういった方ですか?


A:日本を代表するダンサー,振付師,演出家です。
 
  上島雪夫(Wikipedia)
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%B3%B6%E9%9B%AA%E5%A4%AB


  上島雪夫公式ホームページ
  http://uessy.net/
  
 
上島氏がまだ学生だった頃に「渋谷ダンスアカデミー」で初代部長村磯氏と知り合い,WISHの練習を手伝ってくださることになりました。その後,通常のレッスンに加え,イベント用の振付を「超破格」の謝礼金で請け負ってくださり,長い間WISHを裏から支え続けて下さったWISH最大の功労者です。


WISHのネーミングの由来は,

表向きには2代執行部の時に「残念ながらサークルを離れてしまった初期メンバーや,残ってサークルを支えている現存メンバー,そういった関係者全員の『様々な思い入れ,願い,将来に対する希望』といったものを総括する名称として『WISH』と名付けた」


となっていますが,その裏では,「上島雪夫」氏の名前(漢字)を英単語に変換すると,Up,Island,Snow,Husband となるため,その頭文字をとって「UISH-->ウィッシュ-->WISH」と名付けた。。という話もあったりします。


Q:ASHと現役WISHとの間に交流イベントはないのですか?


A:残念ながら今は現役WISHのイベント(五月祭,12月公演など)を個別に観に行くくらいで,「交流イベント」というものは存在しません。


以前,10代執行部が一度「WISH設立10周年記念パーティー」を開催した(1990年)のが,「公式的な唯一の交流イベント」と言えるかもしれません。


また,1993年,1994年,1995年に3年連続でASH主催の「ダンスパーティー(*)」を開催し,一部のWISHメンバーに遊びに来てもらったこともありましたが,それはあくまでも「現役の一部」との交流でしかなく,1995年以降には一度も開催されておりません。
 
(*)ディスコ,クラブを借り切り,自由に踊る「ダンスタイム」と,有志数チームによる「ショータイム」から構成した,とにかく「内輪だけで懐かしく盛り上がろうぜ!」的イベント


Q:ASHのメンバーで,プロとしてショービジネスの世界で活躍している方はいるのですか?


A:はい。


・古里和歌子サン(10代)
BDC(ブロードウェイダンスセンター)の公演に多数出演。現在は同スタジオのCONTEMPORARY  JAZZのクラスを受け持つインストラクターと しても活躍中

 
・小木曽真子サン(10代)
ミュージカル系の劇団で活躍した後,2000年に女性4人組JAZZコーラスグループ「SUITE VOICE」のメンバーとなる。これまで4枚のオリジナルアルバムをリリースし,現在も積極的にライブ活動を展開中 

・藤川和彦氏(12代)
1994年年劇団四季研究所入所。『アンデルセン』で初舞台を踏んだ後,『ライオンキング』ティモン,『南十字星』ニルワン,『美女と野獣』『赤毛のアン』『嵐の中の子どもたち』などに出演し,現在も大活躍中 
 
・青井智佳子サン(12代)
「TS MUSICAL FOUNDATION」等で多数の舞台、TV、CM出演経験後,現在では「東京ミ ュージック&メディアアーツ尚美」にて講師として活躍中。WISHの12月公演の演出や演技指導も行っている。


・横山清崇氏(18代)
藤川氏(12代)と同じく,劇団四季に在籍。主な出演作品『エビータ』『コーラスライン』『ウエストサイド物語』など。また,『鹿鳴館』、『ウィキッド』『春のめざめ』(後者2作品は日本語版)演出助手としても活躍中。