※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

渡邉誠吾
大宮アルディージャ代表(2007-2010)。
大宮サポーターの間で社長と言えばこの人。
2007年から出向で代表に就任するが、半年ぐらいで出向元を辞して専任となった。
気配りの人(大野勢太郎・評)。
前身のNTT関東時代からのファンでクラブ代表というよりもサポーター代表といったふうである。
試合前の挨拶でチャントを歌い対戦相手の戦意を喪失させることで有名である。
しかしリーダーシップがとれず2010年の入場者数水増し事件で引責辞任した。