※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

佐久間悟
大宮の前身であるNTT関東サッカー部時代からアマチュアでプレーして大宮アルディージャの設立にはNTT東日本から出向社員として参加。
大宮の独自の3ラインゾーンディフェンスは彼と彼の駒澤大学時代の後輩である三浦俊也氏の2人で考案された。
2004年から佐久間は強化部長としてチーム編成に携わる。
外国人選手のスカウトには定評があり、バレー(現アル・アハリ・ドバイ)やレアンドロ(現ガンバ大阪)など身体能力が高い選手を獲得するもチームが彼らを使いこなせずに放出してしまった。
また2007年は大宮の基礎を築いたピム・ファーベークの実弟であるロバートを監督に迎えたがロバートがチームに合わない指導をゴリ押ししてしまったために大宮はシーズンの序盤からJ1残留争いに陥ってしまい佐久間の責任を問う声が絶えなかった。
同年8月、鴻巣のサテライト戦「さいたまダービー」で若い選手が多い浦和に0-5で大敗すると佐久間はロバートを解任して自ら監督としてチームの指揮を執り立て直しを図ろうとした(当時としては珍しい出向社員の「サラリーマン監督」だった)。
しかし経験が乏しく局面を打開する采配が苦手で8月の対名古屋戦で惨敗するとチームの守備の再構築からやり直して何とかJ1残留にこぎ着けて面目躍如となった。
2008年9月17日、自分のために仕事がしたいとして大宮を退社。同年10月からは地域密着の仕事がし易いヴァンフォーレ甲府へ移りGMとなった。 

佐藤弥生
Ole!アルディージャの7代目アシスタント。ぱっちりな目とえくぼが特徴的な元ブランチガール。オフィシャルブログのアリhttp://ameblo.jp/sato--yayoi/

シカゴ・chicago
東慶悟を指す。
テレ玉ニュース930の大宮キャンプ情報で「悟」を「鹿悟」と誤植されてスレで呼ばれるようになった。