※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

荒谷弘樹(浦和→川崎→大宮→札幌→甲府)
プロ8年目で正GKの座を掴んだ苦労人。
瞬発力が鋭くパンチングが得意だが、ニアへの対応が苦手でキャッチングもイマイチで取りこぼしが多い。
しかし李忠成(柏・当時)の頭はキャッチングは出来る。

犬飼基昭
さいたま市(旧浦和市)出身。
ベストメンバー問題や秋春制など何かとお騒がせな日本サッカー協会会長である。
浦和レッズではレッズを日本一のクラブに育て上げた剛腕社長であるが、至近距離で活動している大宮に関しては(厄介な存在と思っているだろうが)無理解というわけではない。
2007年11月のNACK5スタジアム大宮のオープン記念のラジオ特番では彼は大宮のスタジアムを訪れて「スタジアムをオレンジ一色に塗れと提案した」とか「大宮は浦和の競争相手になって欲しい」と話した。

江角浩司(大分→大宮
的確な予測と判断でゴールに立ちはだかるGK。
但しフィードは下手。3回に1回はタッチラインを超えるw
2008年8月の対札幌戦でアンデルソンに敗れるまではPK対決で無敗だったが、2008年の正月特番のTV出演の際の吉澤ひとみとのPK対決では空気を読んで敗れたことにしたらしい。
女優の江角マキコは遠い親戚にあたる。

大野勢太郎
本名・大野正
元文化放送アナウンサーで梶原しげるとみのもんたは彼の文化放送時代の後輩にあたる。
埼玉のFMラジオ局のNACK5の朝の声でお馴染み。また大相撲の千秋楽では優勝力士インタビュアーを務める。
ただ、彼が経営する番組制作会社が浦和レッズとの15年来の仕事上の取引があるせいか勢いレッズ贔屓てあり、犬飼基昭(元レッズ社長)信者でもある。
そう言う意味では大宮は後発で不利だが、彼はNACK5が大宮公園サッカー場の命名権を買った頃からNACK5を通じて大宮の取材をするようになった。
大宮にとって数少ない外部のご意見番である。

奥山奈々
大宮アルディージャのホームゲームスタジアムDJ(2007.11-2008)。
あのエリカ様と同じ芸能事務所に所属し、NACK5のリポーターとしての縁で大宮アルディージャのスタジアムDJに採用された。
2008年夏、ヤマハ発動機のCMに出演。そのCMがJ1最終節の残留をかけた直接対決があった磐田のヤマハスタジアムで放映された。
その後、契約満了に伴いスタジアムDJを退任。
前述との因果関係は不明だが、未だに大宮サポーターの間では根強い人気がある。

Ole!アルディージャ
Ole! アルディージャ(おーれ!アルディージャ)は、テレ玉で、毎週金曜日23:30~24:00に放送している大宮アルディージャの応援情報テレビ番組。2003年3月放送開始。番組では毎回アルディージャの試合ダイジェストやチームの最新情報、選手のインタビューなどを展開している。
元はテレビ埼玉の情報番組『常盤6丁目二番街』の一コーナーであった「がんばれ大宮アルディージャ」で、2000年3月に『がんばれ! アルディージャ』という独立した番組となる(浦和レッズがJ2に降格していた時期である)。その後、時間短縮や一時休止などを経て2003年3月に現在の番組名となる。
『Ole! アルディージャ』となってからは毎週金曜23:30~23:45の15分放送であったが、2005年3月からJ1昇格に合わせて30分番組に拡大された。3月のみ時間調整のため30分遅れの24:00~24:30となり、同年4月より現在の時間に至る(再放送は土曜7:00~7:30)。
2005年3月のリニューアルより、全編ロケから本社第2スタジオの収録がメインとなり、同年12月より同局が開始した地上デジタルテレビ放送ハイビジョン製作が実現した。