※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

love-is☆"anata"

作詞:J%+a2


泣いている姿
それが嘘に見えたような…
答えは あなたの中に埋もれて
僕にはわからない

そう、見えない宇宙
あなたの宇宙には入れない
だから二人の宇宙を…

love-is☆"anata"
あなたに対する想い
この宇宙で出会ったこと 感動
さぁ、共に生こうか…?

寝ても覚めても
消えない星が ほら
二人の宇宙に浮かんでいる
あなたに見せようか?

だけどその星
あなたに見せることできない
何故ならその星こそ
二人の宇宙にいるあなただから

love-is☆"anata"
あなたに対する想い
この星を探せたこと 感動
ほら、掌(て)を貸しなよ…

love-is☆"anata"
アナタニタイスルオモイ
この宇宙で出会ったこと
love-is☆"anata"
あなたに対する想い
この宇宙で出会ったこと 感動
さぁ、共に生こうか…?

愛色空

作詞:J%+a2


陽が沈んだ後
君を迎えに行こうか
錆び付いた自転車
これから何か始まる

分かっている
空の色くらい
せつない藍色だ
じっと見つめた

愛 失せた藍色の
夜空を愛色にしようか
ここから始まる恋路の
道を照らせるように
今、僕が云えることは
『愛してる』の言葉

見上げた夜空には
陽の姿はもう無い
月が微かな雲で
覆われていた

視線を変えず今も
愛色空の下で
君に出会うとして
狭い部屋を飛び出した
そう、君に出会いたいのは
藍色の空じゃない

愛 満ちた愛色の
夜空の下で君に
会いに行く 君に
今、僕が云えることは
『愛してる』の言葉

space flight

作詞:J%+a2


「君が居る」
たとえ姿がはっきり見えなくとも
君の居場所がわからなくとも そこに居る
愛が届くなら どんなに遠くても
構わない 愛せるよ

宇宙飛行
君と居る所を見たいんだ
普段一緒に居る星を
確かめたいんだ 僕の目で
「丸いよ 愛あるよ」

そこに居る君
空から見える地球
その中で呼吸して
空を見上げているんだろうな
そんな思いでspace flight

君の隣に
また戻るその日に
今日のこと言うよ「地球は丸いよ」
愛に角が出来ないように 丸く…
安心して 愛せるよ

今年も夏
君と二人で地球
歩きたいな 手をつないで
空を見上げたいな 青い空
未来を創ったspace flight

そこに居る君
空から見える地球
その中で呼吸して
空を見上げているんだろうな
そんな思いでspace flight

二人を創ったspace flight

Moment Concept

作詞:J%+a2


知らず知らずの間に
時間 歩いてた
ゆらりゆらり吹いた
風が思い出させた

見て見ぬふりしたら
前へ歩けない

あの日君が云った
『どうして好きになったのか…。』
考えなくても容易い問題なのに
出てこないなら
愛は死んでしまってる気がする
僕がいつか行けるなら
迷わず 恋が始まった瞬間の
君へ会いに行くさ
きっとそこに行けば分かる
愛せたのかもしれない

忘れたくても忘れられないよ
思いがあったんだから

出会って進んだ時間は
本物なんだ

出会った過去が偽りなら
今 この時の意味を知りたい
あの日が嘘だとしたら
忘れられるかな?
それとも心に残るか
いつかこの僕に出会った時に
迷わず聞いてください
君は忘れない
どんなメイクをしていても
分かるだろう

あの日君が云った
『どうして好きになったのか…。』
考えなくても容易い問題なのに
出てこないなら
愛は死んでしまってるだろう
僕がいつか飛べるなら
迷わず 恋が始まった瞬間の
君へ会いに行くさ
きっとそこに行けば分かる
愛せたのかもしれない

愛したのかもしれない

夏ノ恋歌

作詞:J%+a2


逢いたいな…
これから始まる夏を君と
渡っていけたらな…

でも逢えない現実
恋愛の世界はすごく広いんだ

君はいつも遠くにいるんだろ?
僕を探してくれないか?
僕を愛してくれないか?
僕は愛するよ
負けずに愛するよ

Summer Love!(Oh Yeah!)
そこで僕がギター片手に
夏の歌作って歌って聞かせたいな
Always
いつも いつまでも君に
笑って 聞いていてほしいな
夏に恋した歌を君に…

大切だな
今までの君とこれからの君
「離さないよ絶対…」

でも壁だらけこの世界
恋愛の壁はすごく大きいんだ

君はずっと僕のこと愛してる?
僕の歌は好きかい?
僕の傍で歌 聞いてくれるかい?
ずっと傍で
君への歌 愛するよ

Summer Love!(Oh Yeah!)
ここで僕がギター片手に
君の歌作って歌って聞かせたいな
Oh Yeah!
いつも いつまでも君へ
歌った言葉 覚えていてほしいな
君に愛する僕の唄を…

ナツヲキミト
ワタッテイケタラナ…

Summer Love!(Oh Yeah!)
そこで僕がギター片手に
夏の歌作って歌って聞かせたいな
Always
いつも いつまでも君に
笑って 聞いていてほしいな
夏に恋した歌を君に…
Oh Yeah!
君に愛する僕の歌を…

Crazy for you

作詞:J%+a2


あの夕方君が隣にいたね
嬉しかった 楽しかった 愛しかったよ
そしてまた会える
そんなこと考えたりした
でも次はいつだろう?

また僕にその笑顔投げてくれるかな?
信じてる、君を愛してるから

Crazy for you
君がいてくれて素直になれたよ
ありがとう道を作ってくれて
ありがとう僕を選んでくれて
ありがとう

今も僕の隣に君がいるね
あの日と 変わった 愛のカタチ
大きくなったよね?
二人が並ぶこと 自然になったよね?
ずっと愛してる。

今日も君に笑顔投げていい?
愛してる、君を信じてる

Crazy for you
君が傍にいてくれること
「愛してる」 君のすべて抱きしめるよ
ありがとう人生のほんの一部でも
僕に費やしてくれて

Crazy for you
君がいてくれて素直になれたよ
ありがとう道を作ってくれて
ありがとう僕を選んでくれて
ありがとう
Crazy for you

”あの日”のLuna

作詞:J%+a2


夢中になった恋 今でも微かに見える
目を閉じて広がる世界にあなたがいた
私にとっての大事なモノ

忘れない"あの日" 私の気持ちを
見てごらん ほら変わってないよ
今でもずっと大事だよ

泣いてしまったよ "あの日"
あなたにとってかけがえのないモノ
私じゃなかったね

夢中で追った恋 今でも追い続けてるね
目を開いてすぐ隣に僕がいる
いつかはそうなれると思う

ごめんよ 素直になれなくて
『好きなモノは好き』だって
叫んでくれた君が今では愛しいよ

夢中になった恋 今でも微かに見える
目を閉じて広がる世界にあなたがいた
私にとっての大事なモノ

夢中で追った恋 今でも追い続けてるね
目を開いてすぐ隣に僕がいる
いつかはそうなれると思う

だから未来 創ろうよ
しあわせの女神に祈ろうよ
僕は見つめている
私も見つめている

冬ノ恋歌

作詞:J%+a2


寒いよね…
雪舞い落ちる冬を君と
渡っていけたらな…

凍えたこの身体
ひとりで歩くには切ないよ

君もたぶんそう思うだろう
僕と寄り添い歩こうよ
僕のとなりで歩いてよ
僕は握るよ
君の暖かい掌を

Winter Love
ひとりじゃ切ないよ
君と夏の思い出話したいな
そして そっと
ずっと ずっと 君の事
抱きしめていたい
掌は離さずに…

冬も君と
渡って行けたらな…

Winter Love
ひとりじゃ切ないよ
君と夏の思い出話したいな
そして そっと
ずっと ずっと 君の事
抱きしめていたい
掌は離さずに…
夏と変わらず僕の歌を…
寒いから
雪舞い落ちる冬を二人で
渡って行けたらな。

変わらず、あの夏みたいに
愛に愛そう

愛に愛そう…

Love Song.

作詞:J%+a2


あの夜に浮かんだ僕が描いた世界
思い出そうとしたけど 消えていった

光輝いていた あの名曲は何処へ
夢の世界がきっと飲んだろうね

君の夢を叶えられそうなメロディ
出来たんだと思ったんだけどな

もう一度 あと一度
僕の描いた夢を思い返してみて…
そしていつか君に見せるんだ
胸の中に潜むもう一人の僕と
描いたあのメロディ
そして放ちたい歌がある

あの朝はやけに目覚めが良かった
夜の出来事が微かに過ぎったからかな

光輝いていた あの名曲は何処へ
夢の世界の続きを描きたい

僕の夢に一歩近づけるようなメロディ
出来たんだと思ったんだけどな

もう一度 あと一度
君に描いた夢を思い出してみる
そしていつか君と見るんだ
夢の中で泣いた人へ
描いたあのメロディ
そして愛された歌がある

その世界の中には
幸せな人がいた
叶いもしない恋に
打ちひしがれてなんかいなかった
無垢な世界だったんだよ
綺麗な世界だったんだよ

もう一度 あと一度
僕の描いた夢を思い出す
そしていつか君と見るんだ
胸の中に潜むもう一人の僕と
描いたあのメロディ
そして生まれた音楽がある

もう一度 あと一度
僕の描いた夢を思い返してみよう
そしてこれから放つ愛があるんだ
手放したくない愛がある

寧日~昇る愛へ~

作詞:暁 充


真面目に生きていこうと決めた夜から
余計な荷物を手離すことにした
「自分らしさを歌にしよう」

君を愛す為に必要なことだけを…
シンプルに 優しく
だから君がいなくなるなら
素直に受け止められる人になろう

君は何も気にする必要なんてない
愛すべき者だけを見ていればいい
「自分らしく在れ」それだけでいい。
目の前に広がる道は
あなたしか歩めない道だから。

『悪さが綺麗』と思ってた青い日々
私も歩んだつよがりの跡

『優しさが綺麗』と気づかず
大人を気取る道 孤独で
それでも君がいなくなる朝には
真面目に受け止められる大人になるよ

何も気にする必要なんてないんだよ
眠さが来るなら瞼を閉じればいい
「夢を見ていて」愛の人。
その夢でまた会おう

あなたが刻んだ日々
あなたが愛したIが

生きているよ。
生きているよ。

昇る愛へ 伝えるよ。

深く 愛を

作詞:暁 充


前向くことが 愛
前向くことが 愛

空間を共有するだけでは
深くなんかならない
愛を放つことが すべてではない

まずは自分へ 愛を
まずは自分へ 愛を

ネガティブ思考のあの人へ
恋忘れ草を捧げよう
愛はその場だけではない

愛しい人へは
愛を投げるだけではいけない
大切なことは人を
思いやること 静かに 綺麗に

愛は広げるものでない
愛は深めるものだから

愛は広げるものでない
愛は深めるものだから

まずは自分へ 愛を
まずは自分へ 愛を

寧日の空

作詞:暁 充


空が僕を手招きする未来
いつか必ず来るから
汚れた手を伸ばしたくないから
真面目に生きてるんだよ 今を…

生まれたころの純粋な
僕は今も胸でで生きてるから
君にはその姿を見せたいと思ってる

寧日の空 僕が空へ昇る日が
寧日の空 君が空へ昇る日が
安らかで素敵な日だと幸せだね

「死んでなんかいない」
あの日の僕…
今は胸の奥で眠っているだけ

「生きているよ」
また目を覚ますから
もう少し眠っていたいだけだよ

空を汚したくない。
だから真面目に生きていたい。