※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

不無非未  作詞/無楽

疲れた時に泣きたい時に
心に降りる大魔が時が
黒い四つの髪飾り
胸の奥いるけなげな者に
捧げようと扉を叩く
瞼を閉じたその隙に 胸の内すむ大事なものが
たった一つの言の葉に 飾りたてられ逝くのです
いつか誓ったあの思い出も
かんざしに似たその言葉
髪を飾って無に帰する
どんな雅な記憶でさえも
あせて消えゆく気づかぬうちに
肩に手をかけ背を撫でて 疲れたでしょうとやさしげに
そっと渡すは彼岸花 思い出させる言葉です
後ろに立って髪を結い がんばったねとかんざしを
さした刹那の我が心 全て忘れて眠るのです