※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

花  作詞/つまだ

誰かの声が
夢にまで聞こえてきて 嗚呼
誰かの夢は
夢にも関わらず 咲ける
彼らが憂う
この立ち位置僕らなら あぁ
確かなことと
さしずめ帳すら 愛でる
逃げても
影なら 追いかけて
そんな日々を僕らは
知らないふりして捉えたソレすら
目も当てず行く
間違いだらけと言う
君は本当に凛として
それでも触れたら すぐに消えてしまう
安い見栄をはる
間違いだらけと言う
君は本当に凛として
今でも僕らの夢の中で
虚像を揺らしている