※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

森へ行く  作詞/カリバネム

退屈なことで笑えるよ 春に出会えた最高の朝
舌に乗せたら溶け出した 僕が見つけた小さな光
わずかでも君のそばへ ざわめく場所へ行くのだ
白い声聞こえるまで ときめくままに行くのだ
ああ 見えない 終わりは 見えない
ああ それでも 後には帰らない
新宿の果てに迷い込む 痛む心を休ませる場所
やがて見つけた恋のうた 求め続けたかすかな匂い
砕け散る陽の光が 生まれた場所へ行くのだ
壊れても追い続ける 全て飛び越え行くのだ 
ああ 君まで このまま 君まで
ああ 届ける 裸のままでも
わずかでも君のそばへ ざわめく場所へ行くのだ
白い声聞こえるまで ときめくままに行くのだ
ああ 誰にも 許されなくても
ああ それでも 汚れた場所でも
ああ 君まで このまま 君まで
ああ 届ける 裸のままでも
ああ