※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

百物語  作詞/無楽

 夏の夜の華 江戸の花
 うだる暑さを消す術を知る
 火事も喧嘩も不粋の極み
 暑いとき聞く喧騒に
 しばしお暇を願いましょう
 お宮参りの小道を渡り 袋小路の戸板の向こう
 日暮の鳴く竹林 肩に手を置く背中が笑う
 暮れの六つ聞く鐘の音に
 百鬼夜行が気もそぞろ
 車座に座る皆々様の
 隣見れれば狐のお面
 蠟燭がゆれて暴くのは何

 逝きはよいよい帰りは怖い 怖いものほど目を覆い
 指の隙間で見たくなる 揺れる明かりの数を聞く
 風が戸口を揺らすのは 誰かが急かす
 夜にカラスが一声あげて 告げる今宵の宴の始め