※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

小春  作詞/カリバネム

自転車の音で何故かときめいた
ねじ曲がってる財布の金具 254を駆け抜けてく
大げさな名前背負わされたまま
歩道に刻む君の足跡 サイズの違うスニーカーで
化かされてもまた踊る 騙されてもまだ愛しい
目覚めの時が来るまで目を閉じたまま
君のそばにいたい 笑われてもいい
綺麗なものは遠くても
二人は魔法使い 生まれた魔法使い
甘いその手を離さない
呼吸の仕方も忘れてしまった
邪魔する鳥も茶化すモグラも 息が止まるまで抱き締めた
逆夢が終わる夜更け 泣き出した馬鹿な君と
噴出した俺の他に何も無くても
君のそばにいたい 笑われてもいい
風に飛ばされないように
二人は魔法使い 生まれた魔法使い
甘いその手を離さない
君のそばにいたい 笑われてもいい
綺麗なものは遠くても
二人は魔法使い 生まれた魔法使い
甘いその手を離さない