※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

午後  作詞/なのもとに

触れたのかどうか、36度5分。
気だるい重さ。引きずる足は
地面で擦れ、磨耗していく。
ああ、そうして地面が近づいて
絶望も希望も遠くなる。
背中に感じる君の吐息
ドープのように深く、遠くに
僕の意識をいつも、かどわかして
君以外のことを、もう
どうでもよくさせてゆく。
目蓋に感じるオレンジ色
横顔と混ざり、輝いて
僕の意識はどこか、せわしなくて
君だけのことを、ああ
君以外のことを、もう
どうでもよくさせてゆく。