※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

タイムリミット  作詞/306スレ368

こんなはずじゃなかった 無限ループの中で
もがいて喚いた 「想像したより小さい」なんて
意気消沈して覗きこむんだ 湖の底に沈むニヒリズム
すくいとって 飲み込んだなら 咳は止まるかな
限界を知りたくなくて叫んで
世界が終る前に 最高速度で逃げ出そう
夢と現実のカオスで奪い取った仮面をかぶって
知る タイムリミット
気付けば既に 銃口を突き付けられていて
躓いて転んだ 「つくづく運が悪いよ」だなんて
箱ん中に逃げ込んだのさ 吐き出したい コンプレックス
明日の方向はどっちだ 嗚呼、知るわけねぇな
限界なんてないんだって祈って
明日が始まってくように 最高速度で駆け抜ける
難民を救出して 核兵器をぶっ壊して
気付く タイムリミット
乾ききった砂みたいに 指の隙間から落ちて消えていった
見上げた搭がアレの形をしてたんだ 蜃気楼だって悟ったふりして
手を伸ばすことをやめたんだ 嗚呼、届くわけねぇな・・・