※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

プロット  作詞/COOL METABOLIC

昔の濃いなんて思い出す物じゃないと 
思い出してから気づいた一人ぼっちの夜
貴方の面影が僕を覗き込んで 
戸惑う僕の顔を瞳に映し込んだ
両手ですくった水のように 
あまり長くは留まらず 
少しづつこぼれてしまうよ
宝石みたいに輝いていた 
君の一番綺麗だった季節を 
僕にくれたんだね 
ありがとう