※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

わたしのこと  作詞/306スレ210

夏の独特な空気に包まれていた
放課後の校舎裏
景色はもう当たり前の夜で
響いているのは虫の鳴き声とプールの水音
ローファーをひきずるように歩いた
目指したのはいつものオレンジ色の外灯
コンクリートに染み込むかのように広がっていた
覚えている限りのことは全部思い出す
目線の先に広がる風景はウソがひとつもない
大切なものを泣きそうになりながら数えたの
誰も知らないでしょう、わたしのこと
夏の夜空と忘れられない匂い
放課後の静けさ
はしゃぎ声はいつのまにか遠くに消え
響いているのは自分の淋しい足音だけだった
チャイムが鳴ったらまた何かが始まりそう
本当は終わりが見えてくるのを待っていたのに
いつまでたっても追いつけない影が名残惜しいの
覚えている限りのことは全部思い出す
あの時たしかに感じた世界は苦しさだらけ
大切なものを泣きそうになりながら数えたの
誰も知らないでしょう、わたしのこと
必死にしがみついていた季節をふりほどいた
誰かに知ってほしいの、わたしのこと