※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

夏至  作詞/つまだ

青さも透けるよ
真昼の月を仰ぐ 風の音(ね
かざしたこの手に
うつつは見せるの
ただ外は熱くて
声色を変えて
感傷に浸るのは 好きだよ
幾々数えた
ぬかるみの中で
ただ 陽炎は笑う
僕らは
気付いては乞うよ
いつかの
軌跡と波を
僕らは
遅すぎた夏に
君らの
はしゃいだ夏を