※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

くろいそら  作詞/306スレ70

煌々と光る電子の海に逃げ込んでいる
それが明日を更に苦しめるとしても
蕩々と続く見えない道を明日も歩くのかな
朝日に脅える日が来るとは思わずにいた
君の声さえも 届かない此所は
きっと僕の罪が生み出した地獄
何もかも 投げ出して いっそ消えてしまいたいけど
あの日まで鮮やかだった世界が今は黒く塗りつぶされ
あの頃の僕が今の僕を指差して笑うよ
この窓に差し込む光に震えながら眠ろうと足掻く
この空もいつか黒く染まるならいっそ救われるのかな
ねぇ教えて