※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

日の本の色  作詞/無楽

あなたひく手を見上げてくぐる
並ぶ鳥居の色を聞く
歩く音溶け また朱に染まる
吸い込まれそうな鮮やかに
からんころんの音の影 夢に見た月華の色
音も香りも忘れたときは 染まりましょうかこの色に
あなたの肩に乗る日々咲いた
高い桜に手が届く
その背の高さ 追いついた日が
こんな悲しいものとは知らず
ひらりゆらりの華の声 背中咲く紅ひとひらが
あの日手を引き来た人は 今はどこにと聞き舞い遊ぶ
あの日この日の彩りは 全てあなたのそばにある色