※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

零の数  作詞/無楽

 ひとつのころ 一人叩いた鍵盤
 いまは叩く 明日の誰か
 夜の中 風に揺れる木の音に
 いま思うは 相談の声
 一人の冬に枯れ葉の音 それに閃き歌うのは
 風にたゆたう 同じ思いに楽しみの音
 二つのころ 心合わせて向かう
 小春日和の 日をうたう人
 言の葉にかけ つづる心は
 寂しささえ 楽しむ心
 いくつ並ぶこの数字 夕に夜明けに生まれ来る
 書いて消しても 夢で会ったが創造の時