※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

泣き雲  作詞/黄粉

肩にぶつかった 赤い傘を差した女は
邪魔だというような目で 僕を睨んだ
僕は舌打ちをして 睨み返した
足早に歩道を行く人たち
そんなに急ぐ必要なんて無いのに
今、誰かが泣いたみたいだ
だって頬を打つ雫は
あまりにも冷たい
肌にまとわる 生暖かい気持ち悪さ
体に染みる温度は 僕を奪ってく僕は君の全部を 奪いたかった
一瞬の時間を生く人たち
ほんとに信じ切れるものは一体何?
今、誰かが泣いたみたいだ
だって窓を打つ雨音は
あまりにも虚しい