※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

神無月  作詞/無楽


 座せば華 立てば月
 踵かえせば姿なく
 聞く声の 清かには
 ススキ野原の夜想う

 なびく穂先の頼りなさ 右に左に心と同じ
 月のウサギが迷い込む 愛し姫君お迎えに
 背を覆う 髪の黒
 夜を従えうたかたの
 時として 刻むのは
 針の代わりの枯れススキ
 月の姫とて思うこと 遠く遥かの面影を
 風の吹く度目を細め 重ね揺らぐが月の夜
 神のいないこの日には
 君が降り立つ銀の海
 夜を照らせる神の名は
 泣いて叫んだその名前