※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

朱の上  作詞/無楽

  夜に咲くのは血の流れ
  音に八千代を思う人
  綺麗思えば心も染まる

  誰もあるかぬ小道を覆う
  赤のモミジの由縁を探る
  己が血潮も彼岸の華も
  かなわないほど鮮やかなるは
  鋭いながらも舞う哀れ 人の悲しき哀れを秘める
  だから魅せられ後を追う夜 一人歩いてモミジの下は
  雪もあらずに光もあらず けれど明るい朱の上の足
  けれどさみしい ひと組の足