※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

線香花火ガール  作詞/294スレ195

摘まれた言葉が火花になって 明日の袂に帰ってく
ハートの足元見られて泣くな もともと大した物じゃない
冷たい夜風が目に凍みて 綿毛みたいな光が眩しい
君はくしゃみを一度だけして 俺を透き通らせるのさ
いつかは花を咲かすのだろう
いつかは花を咲かすのだろう
いつだろう