※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

無二  作詞/無楽

 雪がふれれば窓辺で騒ぎ
 雨が落ちれば雷を魅る
 季節去来のことわりを
 みれた窓辺の私の机
 座り外見る日の光 校庭に咲く華の色
 二つあわせてなす姿 あの背誰の背なつかしき
 母を見るのは久方ぶりの
 花で飾れる学び舎の前
 背伸びしている我が肩に
 置いた母の手いまいずこ
 春と夏との境目の 夢に現に浮く人は
 華に雲にと身を変えて 流す涙を雨と教える

 あなた背を向け台所 湯気にかすめるあの背中
 刻む音こそ時と知る 事ができればよきものを
 いただきますにごちそうさまに
 おいしかったと泣いてすがるに