※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

迷走  作詞/黄粉

疑うことを知ったとき
つまらない大人に近づいた気がしたんだ
同じ流れに乗れたら
もっと楽になったはずだよね
膿んだ傷口をスプーンで
掻き出すような
そんな痛み
僕には耐えられっこない
人の為に生きるって
結局は偽りの気持ちでしかないんだろう
でもあなたの為になら
きっと自分を犠牲にする
爪に詰まった黒インクを
ほじくるような
そんな苛立ち
僕には上手く取れなくって