※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

白浮かべ  作詞/無楽

 雪も溶けるし華も枯れる
 責める気もなし悲しいは
 何も分かってない証
 うたかたを知る大人がいいか
 限りを知らない子供がいいか
 夜のコオロギ明けの落ち葉
 秋の深みに泣きほそる
 弱い羽音を枕に聞いて
 まぶた浮かべる雪の数から
 春と嘯くことができない
 息の白いが季節を告げる
 目ふせ心も落としてきたら
 四季を知るのは自分の息で
 誰もなんにも告げてくれない