※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

おわりね  作詞/なのもとに 作曲/291スレ393

コップの中で氷がないて、
私の言いたいことを、言っている。
心の中で氷がこおる。
私の中に傷を、付けるほどに。
うつむいた目は、口ほどに何とやら。
こぼれ落ちる言葉は拾えずにいるよ。
指の間をすり抜けてはしんしんと、
そこの底につもりつもっていく。
空の上で雲がないて、
私の心の雫を、隠している。
心の中で、氷がこおる。
思い出たちのこと、凍えさすほどに。
赤くした目は、口ほどに何とやら。
こぼれ落ちる言葉は拾えずにいるよ。
手のひらに乗ってはしおしおと、
とけて消えず滴っては落ちてく。
おわりね。冬もおわりね。
ここで、おわりね。

音源