※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

古季  作詞/無楽

  睦月 如月 別れを告げて めぐり廻ってくる季節
  あの子手を引く四季選ぶ
  皐月 水無月 命のはじめ 紅のほこるを添わせたら
  霞み消えそな横顔染まる 
  葉月 長月 緑のもゆる そっと汗ばむ肩越しに
  蝉の声消す君の白肌
  後に残るは枯れゆく時と 死んだふりして眠る時
  君が背負うは重すぎる 
  まぶたに閉じくる闇の中 モミジ降る下君が立つ君が
  雪の下にて待つ君が 寄って離れて笑い泣く
  生きていれれば 必ず来たる 季節廻るは年の数
  その度に泣く 君の姿を 想い選ぶはいつの頃