※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

江北橋  作詞/290スレ129

あの夏 二人で 川を遡った
どこまで 行けるか 試してみたくて
帰りを 何にも 考えてないから
暗闇 降りても ペダルを回してた 
途方に暮れて 道にうずくまる
覚えてるのは 「江北橋」
サイレンの音と 揺れる蛍光灯 
親父に殴られ おふくろは泣いて
あいつは今じゃ 競輪選手で
何処かで今日も 必死にもがいてる
ウダツ上がらぬ B級だけれど
鐘(ジャン)が響けば 弾丸に変わる
ひび割れ モルタル あのアパートはまだ
あの夜の 俺たち 覚えているのかな