※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

彼岸雨  作詞/無楽

 岸の向こうで降る雨の
 激し冷たさ知ることできず
 川の向こうで泣く人の
 落とす雫の数知れぬのに
 涙の海で悲しむ人の 心さけれる音聞いて
 くずれ泣き伏す君の背を 撫でて謝ることできず
 痩せてほそって座れる君が
 詠う歌すら聞こえる場所が

 とても近いと伝えたら
 連れて行ってと泣く君見える
 君が笑顔で後ろを向かず
 そっと去るのを見れたとき

 赤の番傘最後の仕事
 僕の涙を隠すため