※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

枝垂れ桜  作詞/無楽

 華の重さに耐えるのは
 うれしいか悲しいか
 こうべたれての春を迎える
 うつむく顔は泣いているのか
 春の夜に舞う 枝垂れの桜
 きれいきれいと讃える下で
 涙見せれぬことを知る時
 夜に桜の下にて飲むは
 酒と涙だけではなく
 頬を寄せ聞く君生きる音
 春が訪れ去りゆく世でも
 凛とたたずむ君の強さが
 欲しい欲しいと泣く春の宵