※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

離宮  作詞/無楽

 あの背人の背
 花散る頃の日暮れ時見る
 悲しさよ
 この手誰の手
 撫でて叱って抱きしめ泣ける
 あの人の
 影が伸びるは大魔が時来る
 影がない者散らすもできる
 夜に一人で寝れぬなら
 胸においでと抱きすくめ
 詠う子守の歌の音に
 瞼重くて闇降りる
 昔懐かし子の宮に似た
 胸の音聞きかえる場所

 今は一人で寝れるから
 あなたがいない宮離れ