※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

2/29  作詞/289スレ170

成功する自信はあった 彼方に希望を持ち 興奮と緊張が 昨日まで混ざっていた
現実は辛く空中から突き落とされる 今日までの行が砂のように崩れていく
閏年の落ちこぼれ過剰意識者 己に懺悔
あの先への道の街灯が消えた
暗闇への帰路へのバス俯いたまま
先の見えない闇に引き込まれていく
闇に落ち心が挫折した 己も折れ
機械と戯れ楽器を噛る日々
自然と歯車が狂い ふと壊れていった
そして殻に篭りながら廃れていった
後天性劣等生 これが挫折か
外界を断ち自我と戯れる
閏年の落ちこぼれ現実逃避者
妄想の世界へ連れて行かれたい