※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

明日  作詞/289スレ39

ヒーターの垂らす
石油の粒子を吸いながら
明日へと欠片は舞い落ちる
時計の針は止まったまま
落ちるべき葉も落ちない
季節は変わり
もう 手段を無くした道化師は
ただ 闇雲に 縋る使用人
明日から差す光 闇に変えながら
もう少しで 届きそうな光を
ただ 闇雲に 燃やす炎