※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

夢庵  作詞/無楽

 いまの君の手誰がとる
 君がひく紅誰のため
 君の髪結い褒めたとき
 頬を染めたは僕のため
 髪を結ぶ手袖をひく手も 夢に見るしかない今は
 一人寝の涙落とすのが 夢か現かわからない
 振袖を着た君想う
 似合う色さえ知る僕に
 夢の庵に座る君
 顔を伏せつつ指絡め
 似合うと聞いて顔あげて 撫でてほしいと肩よせて
 君の髪色とかした部屋で 起きて泣くのは夢うつつ
 夢の庵に留まるは 死ぬを望むと知りつつも
 現いれれば心死ぬ 君に会えればこの身が滅ぶ
 涙落として横になる 君に会えればそれがいい