※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

年々彩々  作詞/無楽 作曲/餡の雲

 彩りを知る年の頃
 色に恋にと身を染める

 枯れるを悟る年の頃
 人の夢こそ儚いと知る
 髪に混ざれる白に見る 過ぎた冬降る雪の数
 華と比べる愚かさを
 華に焦がれるいやしさを
 四季の過ぎるに任せても
 枯れて朽ちるはこの身だけ
 せめて心も枯れゆけば こんな苦しくないものを
 こんな女であろうとも この世去りゆく時来れば
 我が身囲める万葉の華 けなげやさしげ華が故

音源