※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

夜明けの町  作詞/288スレ421

夜明けの町はいつだって 切なくなるほど青くて
あたしの歌もかすんでしまう
引き止めるその指が愛しくて 口づけをした
跳ねた前髪が優しく揺れた
もしも星のない夜や 太陽がない朝が来ても
きっとあなたをさがしにいくよ
その瞳に宿った大きな夢が
いつかいつか 叶いますように
そして あなたが微笑む隣にはいつも
同じ愛を描く あたしがいますように
眠りたくない あなたの寝顔をずっと見ていたい
一分一秒も 見逃したくない
震える指先があなたの頬をなぞる時
そっと大きな手があたしの頭を撫でた
やっと巡り合えた 世界で一番愛しい人
止まらぬ想い 涙が音を立て奏で出す
その瞳に宿った大きな夢が
いつかいつか 叶いますように
そして あなたが微笑む隣にはいつも
同じ愛を描く あたしがいますように