※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

宵の口づけ  作詞/無楽

好きと言ったか言わせたか
心預けた人の横 歩く音聞く石段の上
笹の鳴る音騒ぐのは
早く手をとれ 早くせまれとはやしたて
日暮しの声に時をしり 君の隣で歩をあわす
持てる花火の華の色
赤に黄色に照らすのは 君の浴衣の足もとで
横で袖振る夏の華
黒の中見る横顔に 手すら伸びない情けなさ
この火消えたら落ちたなら 誰も見てない闇の中
華を胸にと引き寄せて 華に止まれる蝶になる
蜜もいらないひと夏でいい 羽根を休めて口づけを