※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

散り音  作詞/無楽

 春の世に咲く色が落ち
 昼に浴びれる喝采を
 知れる風こそ散らす者
 梢きしめきすすり泣く
 別れ惜しむ間無きが故
 春の夜に咲く一片は
 闇の静かに身をおいて
 昼のにぎわいいざ知らず
 一つふたつと儚く落ちる
 音もないのに風もないのに
 昼の桜の泣き声は
 母と離れる子に似たり
 夜に去りゆく身の上は
 笑顔なるかな 涙なるかな
 夜の桜の散る音は
 涙流せる音と知る