※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

曼珠沙華  作詞/無楽

 いつか一人で歩く道
 道の両側咲く華に
 あの子来たなら教えてと
 己が血潮を与えて咲かす
 色の由縁を君知れば
 一人歩くはさびしかろ
 僕の赤にて道飾る
 君が来る日を儚んで
 僕を忘れて幸せに
 あとでゆっくりおいでとは
 泣いてすがれる君にいう
 事ができずに去ったから
 嘆き悔やんで華に乞う
 せめて僕来た長い道
 朱色おおって隠し染め
 あの子来る道わからぬように
 僕の背中を追えぬよに
 どうか思い出死なぬよに